豆は「しあわせ」のタネである

いい酒を飲んだ

議題:とうふ

M編集長と18時に待ち合わせ、予約した鍋料理屋へ行くと予約が通っていないと言われ‥‥。私は数日前、確かに予約したのです。17時を希望されたけど、店から18時か19時にしてほしいと言われ、「18時、大人2名! 五木です」と予約をお願いしたのに‥‥

結果、最寄の[大賀花]へ。そして、私たちは1杯目から熱燗を注文し‥‥

M編集長は、私の企画テーマを聞くために京都に来てくださって、一緒に熱燗を飲みました。

本業:もの書き をしています。私は「人を書きたい。豆を書きたい。豆に関わる人を書きたい」と常々思っております。だから、M編集長にお願いし、来年書きたいテーマをお伝えしてきました。

うまくいけば、4月からの編成に入れていただけるかも‥‥ うまく行かなかったら、そのときまた考えます。だけど、4月から私の豆っぽい連載がスタートすることを、一緒に祈ってください。

 

近喜さんのおとうふ

大賀花には「近喜さんの冷奴」がメニューにありますが、今宵は粉雪も舞ってたし‥‥ 事情を説明し、温かいとうふを所望したところ、「温奴」は「湯どうふ」に昇格(^^)

議題:とうふ にふさわしく、近喜さんのとうふで湯どうふをいただきました。もちろん、おいしいです。とうふの角に百練みたいな「色気のある波なみ」はなかったけど、デーンと大きな1丁が土鍋に納まっていました。

「まつもと」を燗で3〜4回お替わりしたのち、M編集長は冬の京都を後にされました。

編集長、お願い、私に書かせてください!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2018年 7月
« 6月   8月 »
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー