豆は「しあわせ」のタネである

燻製所トパーズさんのスモーク枝豆

枝豆をスモークする?

先週末訪れた「ひろさきりんご収穫祭」at 弘前市りんご公園のイベント会場で、ステキな豆製品を見つけました。りんご食品がいっぱいの会場に出店された「燻製所トパーズ」さんのブース、様々な燻製商品と共に、柿の種のりんごスモークなども売られていました。

 

もともとスモーク好きな私です。いろんな試食を味見していたら、「え〜、枝豆のスモークですか!?」の出会いとなりました。

一ついただいてみると、適度な酸味とスモーク香の中に、枝豆の味と豆の食感がわかります。

「強く燻製しすぎると、枝豆らしさが消えてしまうから、みずみずしさも残しながらギリギリのところで止めてます」とのこと。柿の種以外に、メインの鶏とかチーズとかのスモークも置いてありました。きっと、トパーズさんの燻製食品はほかのも美味しいのでしょうね。

Smoked 枝豆を一つ、柿の種のりんごスモーク、ヒッコリースモークを買いました。(^^)

 

しあわせな余韻‥‥Smoked 枝豆

おいしかったですねぇ〜。袋のままでも少しスモークの香りがしているのですが、袋を開けた瞬間、ふぁ〜っと広がる煙の香り。スモークされた枝豆は少ししなびた手触りで、口にすると枝豆の食感は適度に枯れて、噛みごたえが少し強くなり、噛むことで口の中いっぱいにスモーク香と熟成した豆のライトな酸味が入り混じり‥‥

「あぁ、しあわせな余韻」、かつて矢沢のプレモルCMに使われたコピーが頭によぎりました。

 

スモークって、ウイスキー通の人が好むものだそうですが、私はプレモル 香るエールでいただきました。75g入り400円のスモーク枝豆は、バーカウンターでいただいたら1/3量くらいで800円くらいしそうな美味しさです。

木材×温度×時間 の組合せが生む無限の可能性

とラベルに書いてあったトパーズ 成田修さんのSmoked 枝豆、また食べてみたいと思いました。機会を見つけて、また口にできるよう、ラベルも捨てずに残しておきます。

あぁ、こんな美味しいものが近くにある青森県弘前市の方々が、うらやましい‥‥

 

燻製所 トパーズ

青森県弘前市城東3-4-2 TEL 0172-78-1206

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2017年 10月
« 9月   11月 »
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー