豆は「しあわせ」のタネである

5/14 むしやしないイベントで豆料理を担当します!

鵜野友紀子さんのピーアール食材活用

京都一乗寺にある豆乳パティシエの店「むしやしない」さんで、今週末の母の日にライブイベントが開催されます。前回同様、シンガーソングライター 原田博行さんのライブです。原田さんは京都FMでDJも担当されている陽気な方。

私はその会場で前回に続き、豆料理を作らせていただくことになりました。

前回の料理やライブの様子はコチラ

 

今回の料理内容を考えるにあたり、せっかくむしやしない鵜野さんの店で作らせていただくので、鵜野さんイチ押し食材を使うことを考えています。

大豆は「京白丹波」、粒の大きな肌色大豆です。

新発売された「京きなこみそ 生ドレッシング」も、料理に活用できないかと考えています。

お店で販売されているドレッシングは、200mL入りで500円。昼間に試作をかねて味見してみたら、プロトタイプよりも香ばしさが増したようです。

 

料理考案中

京白丹波の料理:きなこドレの料理:大豆以外の豆料理

= 1:1:1  くらいが理想かなと‥‥

 

・人参サラダ  京白丹波、ツナ、パセリ

・ベイクドポテト  じゃがいも、ベーコン、ズッキーニ、きなこドレ

・金時豆の茄子みそ  味噌はむしやしない仕様を使う、金時豆、玉ネギ、挽き肉、茄子

・鶏モモ肉と彩り野菜のロースト  鶏肉、パプリカ、ズッキーニ、玉ネギ、きなこドレ

・ポタージュ  京白丹波、玉ネギ、牛乳

・お赤飯  もち米、白米、あずき、ゴマ

 

う〜ん。変わるかもしれないけど、今のところこんな感じでしょうか‥‥

チーフ、なおさん、鵜野さん、しんちゃん、原田さん、今回もよろしくお願い致します。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2017年 10月
« 9月   11月 »
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー