豆は「しあわせ」のタネである

5月1日 赤飯の日

毎月1日と15日は「赤飯の日」

連休の合間、世間的に暦どおりですと本日は稼働日です。9連休の方は、そろそろボケてきてませんか?

銀行も郵便局も、勘違いの月末(振替休日)の分まで、慌ただし気な1日でした。

午前中の打ち合わせを入れているにも関わらず、朝から赤飯を作りました。

久しぶりの「1日 赤飯の日」に合わせた赤飯は、炊飯器で作る小豆ごはん。もち米3:うるち米1、あずき大さじ1のバランスで1合だけ‥‥

神棚さまと私のお昼ごはんになりました。

 

テレビで発酵食品の小泉武夫先生が味噌の話をしておられますね。

さて、明日は早起きしなくてはならない日。

雨予報が気になりつつ、今宵はこの辺で失礼します。

 

*炊飯器を使って、1時間半で作るお赤飯レシピこちらに載せています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2018年 8月
« 7月   9月 »
   1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー