menu

豆は「しあわせ」のタネである

毎日新聞 連載〈11〉こだわりとうふ 崎出屋/左京区

とうふ屋のくる町もまた、いい町だ 毎日新聞の関西版に、とうふ屋さんの原稿を書かせていただいています。月に1回、第2か第3土曜日の夕刊に載ります。こちらは、先週の土曜日に掲載された記事原稿です。 左京区岩倉は、実相院や岩倉具視さんが幽棲された家などがあります。岩倉具視さんって、昔の500円札に…

記事を読む

2019.2 みそ仕込会を開催

友だちの友だちは、みな友だち(^^) 昨年12月に開催した味噌仕込会の参加者さんが上げてくれたインスタを見て、熱烈参加を申し出てくださったMさん。お友だちを誘って、4人で味噌仕込会に来てくださいました。 今回もうれしいことがいくつもあって、4人のうち2人が妊婦さん。4月と5月が出産予定日だそうで…

記事を読む

福岡県八女市のとうふを味わう

取材で九州を廻る 大分から戻りました。今回の出張は熊本・久留米・春日・大分の3県を廻りました。その2日目、久留米にある食材の製造工場を訪問したときのこと。 9時スタートより少し早く着いたら、工場長さんが待ち構えてくださっていて、会議室に通されるとそこには豆腐がありました。 「あなたが来るから食…

記事を読む

相模屋 BEYOND TOFU

TOFU いろいろ ある雨の日、何気なく入った食品スーパーで、面白い商品を見つけました。 その商品はチーズ売り場に並んでいました。「TOFU」の文字が目に入りながら、一度は通り過ぎ、やはり戻って手にしました。それが、相模屋さんの商品だったから。 相模屋商品はこれまでも、手軽にできるとうふ…

記事を読む

2月10日、世界マメの日

「世界マメの日」だから 何か豆っぽいのを作ろうと思いました。本日使った豆と豆の加工品は、 ◎能登産「うぐいすきな粉」のきなこ餅  豆トモのYさんにいただいたきな粉。肌色大豆とは違う味わい。なんと表現したら良いのでしょう‥‥? むかし、父との記憶の中にあるにおい。  青大豆のきな粉がうぐい…

記事を読む

豆行事や催しなど

2019年 2月
« 1月   3月 »
     1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28    

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー