menu

豆は「しあわせ」のタネである

いんげん豆を洋風に茹でてみよう

いんげん豆のこと ネットで「いんげん豆」と入れると、「インゲンマメ」がトップヒットして、さや豆の写真と説明が出てきますね。サンドマメのことを「インゲンマメ」と掲載されています。 でも、私たちのように日々豆とたわむれている者からすると、「いんげんまめ」と耳にしたとき、乾燥した豆を思うわけです。…

記事を読む

大極殿本舗の「京丸太」

京都市中京区「琥珀流し」の栖園へ 朝一番、まだ寒さが抜けないうちから栖園へ行きました。店は9時半から営業されています。 今日はもう、「雪降り」暖簾に変わっていました。 例年、小正月明け頃から掛けられる「雪降り」暖簾。今年は2日ほど遅れて掛けたそうです。 「暖簾を雪降りに変えたら、全国的に…

記事を読む

GREEN 304号は、オホーツクの豆特集

GREENはホクレンさんの情報誌です 「食卓に もっと 北海道を。」とショルダーコピーが付いたホクレンさんの情報誌GREEN。3ヶ月に1回発行されています。登録すると無料で送ってくださいます。私はもう、3年くらい送っていただいています。肉とか野菜とか牛乳とかスイーツとか、北海道のおいしいものが毎回…

記事を読む

おいしい週末 vol.46 新春号ができました

ニュースレター「おいしい週末」 ニュースレター『おいしい週末』は、福岡県久留米市の「穀物屋 森光商店」が発行されています。 A4サイズ両面印刷の印刷物で2ヵ月に1回、奇数月はじめの発行。編集とレシピ検証、豆情報提供などで、私も制作に関わっています。 出来上り見本を多めにいただいて、豆ラボに来て…

記事を読む

「九州まーめん」と豆腐チリコンカン

賞味期限が大丈夫なうちに‥‥ いただきものの「九州まーめん」、賞味期限が長いから、昨年いただいたままになっていました。まだ数ヶ月は大丈夫なので保存食にも良さそうです。 「九州まーめん」は、大豆だけで作られた麺です。「九州産大豆 ふくゆたか」が使われています。 年が改まり、ようやく使ってみようと…

記事を読む

豆行事や催しなど

2020年 1月
« 12月   2月 »
   1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー