menu

豆は「しあわせ」のタネである

激辛・チリコン タコライス

レッドキドニーとスパイシー料理 仕事の試作で、タコライスを作りました。 ソース替わりのトッピングにチリコンカン。材料には木綿とうふ、挽き肉、玉ネギ、缶詰のトマト、レッドキドニーを使います。そこに調味料、香辛料をたっぷり。 レシピでは、チリパウダーの分量は23gです。辛すぎるのは苦手なので、…

記事を読む

羊羹、つくりました!

羊羹は、砂糖のかたまり? かつて、自分で羊羹をつくったとき、「あんこ+水+寒天+砂糖」の砂糖量の多さに驚いて、「羊羹って砂糖のかたまりなのね!」とショックでした。それから、羊羹を食すたびに罪悪感をおぼえながら食べてきました。 このたび、仕事で羊羹をつくりました。 その羊羹のレシピでは、あんこ5…

記事を読む

京都伊勢丹11F「京豆富 不二乃」

混雑を予測して 「百貨店の最上階レストランは、きっと混むだろうな」と予測して、昼の12時より10分、15分早めに行きました。ジェーアール京都伊勢丹11Fに入っている「京豆富 不二乃」さん。平日のお昼間でしたが、既に2、3組の待ちがありました。 ナイスビューな窓側の席、窓際ではないけど外が見える席…

記事を読む

203の市バスに乗って

目指すはバス停「銀閣寺道」 過日、『西初』さんのとうふを売っていると聞いた左京区の『メルシー マルギン』スーパーへ、とうふを買いに行きました。烏丸今出川から203のバスに乗車し、銀閣寺道で下車。交差点を渡って到着。『マルギン』という名前が、レトロっぽく感じます。マルギンの「ギン」は銀閣寺の「ギン」…

記事を読む

毎日新聞 連載〈12〉ゆば工房 半升/中京区

極上豆がもたらす〝口福〟 毎日新聞の関西版に、とうふ屋さんの原稿を書かせていただいています。月に1回、第2か第3土曜日の夕刊に載ります。 今回初めて、ゆば専門店を紹介させていただきました。「ゆば工房 半升」は、京都御苑や裁判所に近い竹屋町通り沿いにあります。 半升さんを知ったのは、昨年12…

記事を読む

豆行事や催しなど

2019年 3月
« 2月   4月 »
     1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー