menu

豆は「しあわせ」のタネである

すぐ食べレンジ 八尾の枝豆

北大路VIVREで買いました えだまめ研究を続けています。週に3〜4回買って食べているので、書くのが間に合わない感じです。記憶が薄れないうちに書き記しておかねば‥‥ こちらは、京都市北区の北大路VIVRE コーヨーで買いました。「八尾の枝豆」は、枝付きのものも売られていました。 大阪府産 …

記事を読む

豆類時報99に「森光商店」を書きました

豆愛に目覚めたキッカケの「穀物屋」「高砂屋」、株式会社 森光商店 日本豆類協会発行の「豆類時報」に原稿を書かせていただいております。vol.90から始まった連載のちょうど10本目に、私が豆を意識するキッカケを作ってくださったお店と会社を取材しました。 「株式会社 森光商店」は、佐賀県鳥栖市にあり…

記事を読む

徳島県産えだまめ 阿波ふうど

阿波ふうど JA徳島市の徳島県産えだまめ 徳島県のえだまめ、京都ではよく見かけます。この前(6月初め)食べてから少したったので、そろそろ違う品種になってるかも? と思って買ってみました。 京都市今出川のフレスコで買いました。200g入り198円+税 見た目は前回と同じ袋、JA徳島市さんのえ…

記事を読む

仙太郎の「みなづき」

京都の6月の和菓子「水無月」 水無月とは6月の別名でもあり、6月に京都で売られる和菓子にも「水無月」という菓銘を持つ季節菓子があります。 夏の暑い時期に、氷をイメージした三角形の生菓子です。上部に小豆のあんこがたっぷりのった二等辺三角形。ベースは外郎(ういろう)でできているのが特徴です。 …

記事を読む

京都市牛ヶ瀬の枝付えだ豆

寺町商店街で見つけた「朝取り」えだ豆 仕事で使う書道用紙を買いに鳩居堂さんを目指していたら、商店街の八百屋さんの店先に魅惑的な光景が‥‥ ぷりっぷりの枝豆に、威勢のいいポップが目立っていました。 「京の枝付えだ豆 朝取り ウマイ 1束(税別)680エン」 豆粒が丸々太って、ぷっく…

記事を読む

豆行事や催しなど

2020年 7月
« 6月   8月 »
   1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら
Instagram

バックナンバー