豆は「しあわせ」のタネである

丹波篠山味まつり 2017も大盛況

味まつり2日目に行ってきました

丹波篠山味まつり、今年は横浜の豆トモと行きました。2日目の篠山は晴天のもと、大賑わい。味まつり 2017は明日、9日(祝)までの開催です。

そして、来週末10/14(土)、15(日)は「春日神社祭礼」が開催されますので、2週連続で賑わうことでしょう。

 

●午前11時頃に現地入り。シャトルバスを降りて、出迎えてくれたのは迫力ある「ぼたん鍋」屋さんの看板。黒枝豆と丹波栗、イノシシと祭り屋台の味まつりを満喫して来ました。

 

●初めて味まつりに訪れた豆トモを、最初に案内したのは「清明堂」さん。栗おはぎが人気のこの店は、栗きんとんもオススメです。

 

●篠山に行くと訪れる和菓子屋さんが、もう1軒。

店内に「餡たき十年」の額が掲げてある「大福堂」さんです。この店の文言を読むと、餡づくりに水がいかに大事かを再認識します。

 

 

●散策途中に見つけた「ゆで黒豆」は、熱心に声かけする男の子に惹かれて購入。今年の黒枝豆も絶品です。緑色の枝豆から斑入りの枝豆へ、日を重ねるに伴い味が変化するのも黒豆枝豆を味わう面白さ。

可愛い声に呼び止められてハッピー(^^)

 

篠山城跡三の丸広場へ

●「味まつり」のメイン会場となっている篠山城跡の三の丸広場は、たくさんの親子連れがひしめき合っていました。屋外に設置された飲食スペースは、パイプ椅子とテーブルがざっと300席、400席はありそうでしたが、座る場所を探すのにひと苦労。炎天下に、帽子と日焼け対策は必須です。

●黒豆コロッケ、黒豆おこわの揚げ春巻き、甘酒、ビール、シシ焼きうどん、牛すじコンニャクの牛すじナシ、先ほど買った生栗羊羹‥‥ 彼女と私は好き好きに買ったものをシェアして満腹に(^^)(^0^)

 
露店が無数に並んでいますから、黒豆っぽいの、肉っぽいの、松茸っぽいのなど、お好みの食べ物を入手してください。ビールもワインも日本酒やノンアルも売られています。

 

小田垣商店へ

丹波篠山の黒豆や黒豆枝豆が全国区として知られる礎となったお店です。威風堂々とした店構えと、確かな商品を求める人たちで、店は今日も混雑していました。

この店に訪れると、「あぁ、今年も直ぐに師走がやってくる‥‥」という気がします。お赤飯用の大納言も一緒に入手して、店を後にしました。

 

 

それから、伝統的建造物保存地区と河原町妻入商家群を散策して、本日の豆探検は終了。

16時頃のバスに乗車したら、篠山口駅まで1時間もかかる渋滞に巻き込まれました。高速道路のインター入口までが混んでいます。少し早めに切り上げるのが良いのかもしれませんが、味まつりの3日間は渋滞は避けられないかも‥‥

明日もお天気は良さそうです。味まつりに足を運ばれる方は、どうぞ存分に「篠山の味」を満喫してください。

 

丹波篠山を訪れるのが困難な方には

味まつり終了後に、神戸と東京での販売も行われるようです。

◎そごう神戸店 10月11日(水)~13日(金)10時~16時
場所:そごう神戸店新館5階 ひょうごふるさと館
丹波篠山黒枝豆の試食販売

◎東京都港区SL広場 10月26日(木)・27日(金)11時~20時
場所:新橋SL広場(東京都港区新橋2丁目7)
湯がいた丹波篠山黒枝豆の販売、ほか

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 10月 08日
  2. 2017年 10月 09日

豆行事や催しなど

2017年 10月
« 9月   11月 »
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー