豆は「しあわせ」のタネである

藤原食品の「赤と黒(上)」

混ぜた、喰った、愛した。 ホホホ座 山下賢二

それは、8月終わり頃のこと。仕事で浄土寺あたりを回った日、本屋さんで見つけました。

赤と黒 各1パック入り 734円(税込)

これが何かと言うと、納豆です。

赤は「京納豆 赤大豆」のことで、黒は「京納豆 黒大豆小粒」とのこと。

「赤と黒」は、スタンダールの小説のパクリですね。笑

〜逡巡し葛藤し恋をする。それが赤と黒。〜 と書かれています。

 

赤納豆、黒納豆を食べました

赤納豆は普通の納豆サイズ。かつを節をたっぷりかけて、塩少々。ぐるぐるかき混ぜ、ネギはらり、でいただきました。合わせるのは、やっぱり炊き立ての白ごはん。何かにアツアツご飯に納豆をのせると、納豆の栄養が半減すると書いてありましたが、別にいいのです。栄養を食べるつもりで納豆たべてないから。

昔から、納豆には塩少々をかけるだけが好きです。

赤大豆についての説明書きがありました。「滋賀県湖北町、国友浩貴さんの低農薬、有機肥料100%の赤大豆」とのこと。単品で買ったらいくらくらい? 150円か、200円くらいでしょうか。

黒納豆も食べました。赤と黒を買った日、店員さんの「賞味期限1週間過ぎたくらいがおいしいと製造元の方が言われてました」という発言に触発され、賞味期限1週間が過ぎるのを待って味わいました。

混ぜても糸引くネバリは感じられず、少しぽそぽそした感じ。期限内に食べるほうが良かったかも‥‥

こちらは「栃木県下野市の浦田優さんの無農薬JAS有機黒大豆小粒」だそうです。黒千石をもどして納豆にしたくらいのサイズ感でした。

 

納豆2パックで734円、箱買いです!

納豆は赤、黒それぞれの個性が光る味わいでした。

納豆そのものより、この凝った箱のほうが「売り」のような感じ。

実際に「〜ぼくたちは、素材を最大限に活かして作り、そのバトンを、この商品を手にとってくれたあなたに繋ぐ。その時あなたがニヤリとしたなら、ぼくたちの企みはひとまず成功という事に相成りましょう」と、箱の裏書きにもピンクの帯にも記されていました。

赤と黒、税込734円。ホホホ座で買いました。明らかに、納豆のパッケージ買いです。それもまた楽しいことで‥‥

製造元の藤原食品は、京都で名の通った納豆屋さんです。私は「鴨川納豆」を、時々買っています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2019年 11月
« 10月   12月 »
     1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー