豆は「しあわせ」のタネである

映画「あん」、もう1回観ました

樹木希林さん主演の映画「あん」

IMG_20160503_162017

原作・ドリアン助川  監督・河瀬直美  主演 樹木希林、永瀬正敏

3月に京都シネマで観た映画「あん」を、5月1日(日)に北大路の京都市北文化会館でも上映されていました。

徳江さん(樹木希林さん)はハンセン病の人たちが暮らす施設で過ごし、人生の最後に初めて外で働くことをします。それが、どら焼き屋の「どら春」でした。影のある店長さんの役を、永瀬正敏が演じています。そこに中学生の女の子も加わって‥‥

「私達はこの世を見るために、聞くために生まれてきた。‥‥だとすれば、何かになれなくても、私達には生きる意味があるのよ」と徳江さん。亡くなった3日後に、店長と中学生宛に遺されたテープレコーダーの声が話しかけました。日・仏・独合作の、たいへん深い意味がある映画です。

 

その映画を観ながら、真っ暗な中で私がメモしたのは、あんこの作り方でした。

 

徳江さんのあんこ2

どうしたら、あんなに美味しそうなあんこができるのか、その手順をもう一度確かめたかったのです。

1. 小豆を水にひたす(映画では2kgと言っていました)

2. 茹でる(下茹で)

3. 水洗いする(通常の渋切りのタイミングで水洗いしていました)

4. 再度、茹でる(中火で小豆を煮る)

5. 蒸らす(蓋をして豆を落ち着かせる) しばし、そのまま寝かせる

6. 温まった小豆に水道水を細く落としながら、浮いてくるアクを流す

「静かに、静かに」と徳江さんは言っていました。水が透明になるまでアクを流します。

7. いよいよ蜜浸け。鍋に沸かした湯に砂糖を溶かし、茹でた小豆と小豆を漉したときの汁を一緒に蜜に浸します。

8. そして、待つ。「(茹でた小豆が)蜜に馴染んでもらうのよ。お見合いみたいなもんよ」と徳江さん。2時間くらい待つとのこと。

9. 鍋を火にかけ焦げないようにヘラで混ぜる。

「ヘラは鍋底に付けて」「ヘラは立てて混ぜるの」「時々混ぜるの。少しずつね」

10. 火を弱めて混ぜる。「豆は混ぜただけつぶれるから」

11. 水飴をひとかかえ  しゃくって、混ぜる

 

というような手順でした。映画を観ながらのメモにつき、多少は認識違いがあるかもしれません。徳江さんのあんこは、実に美味しそうです。

あんこに、作っている徳江さんのお人柄が映っているようでした。

 

影ある店長の永瀬に徳江さんは、

「店長さん、おいしい時は笑うのよ」と微笑みかけます。

 

そんなあんこを作れるようになるには、あと20年、30年かかるのでしょうか。気が遠くなるような未来を空想するより、徳江さんのやり方を真似て、これからもう一度あんこを作ってみます。

「おいしい時は笑う」「ハッピーは、おいしいの隣にある」、豆にもそんなチカラがあると信じます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 9月 19日
    トラックバック:あんサンド | 豆なブログ
  2. 2017年 11月 02日
    トラックバック:小豆のお見合い | 豆なブログ

豆行事や催しなど

2017年 12月
« 11月   1月 »
     1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー