豆は「しあわせ」のタネである

トミーズの「あん食」は 900グラム!

ケンミンSHOW の影響でしょうか?

2月下旬に放送された「秘密のケンミンSHOW」で、気になった「あんこもの」が2つ。

ひとつは「あずきと餅米のいとこ煮」、そしてもうひとつは「神戸トミーズのあん食」です。

「あん食」は神戸のお店と通信販売で売られています。通信販売ですと、最短で9月の注文受付と出ていました。

「あん食」は京都でも買うことができます。月・水・金・土の13:30から、中京区の八百一本館で、限定数量を販売されています。

初回は軽い気持ちで買いに行ったら、既に売り切れていました。

次は13:25くらいに行ったら、もう店内に10人くらい並んでありました。すごい人気です。一人一つの販売です。私も一つ受け取ってレジへ。売価 650円(税込)、ずっしり重たい。やったぁ!

 

「あん食」を食べました

袋に入ったまま、最初に重さを計ってみました。

907.5gでした。袋と金色の留め具を除いたら、およそ900gくらいでしょう。

はじっこをカットしてみると、パンの外側付近にあんこのマーブル模様が!

「あぁ、これが、あん食ね〜!」

テレビの神戸マダムに習い、厚切りにしてトーストし、バターを塗っていただきました。パンはサクッと、あんこに熱が入り、とても甘く感じます。ほんと、ボリュームたっぷり。

あんこ好きだから? 厚切りにしたのに、1枚食べたら、また食べたくなりました。こうして止まらなくなっていくんですね〜

厚切りを2切れ食べても、まだたっぷり!

 

トーストしない「あん食」も好き

カットしたまま食べるときは、厚切りではなく1cm幅くらいで食べました。

白いパン生地はきめ細やかで、スキムミルクのような味も感じました。あんこの甘さは、トーストして食べるより私にちょうどいい甘さです。

トーストするのもおいしいけど、個人的には生食の「あん食」のほうが、好きかなぁ‥‥

 

あん食は購入日から3日後までの賞味期限が付いていました。が、期限より早く消費され、もう残っていません。(^^)

月曜、水曜、金曜、土曜の13:30、また並びに行こ〜っと。

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2018年 8月
« 7月   9月 »
   1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー