豆は「しあわせ」のタネである

青森の豆について、調べています

「青森 最強毛豆決定戦 2017」カウントダウン始まる

3年前から行きたくって、迷って迷って申込んだ弘前での催しが、あと1週間後に迫ってきました。来週の今ごろは、もう青森で毛豆を山のように口にしていることでしょう。

青森の皆さま、よろしくお願いします!(^^)

 

「青森一の毛豆、すなわち世界一の“毛豆”が決まる」、その現場に立ち会えるとはシアワセなこと。う〜ん、楽しみです。その前に、やっておく仕事が盛りだくさん。ガンバリマス!

 

青森毛豆サイトより 『最強毛豆決定戦 ’17』開催まで、あと1週間!

 

 

2度目の青森にして、初青森探検

むかし、講演助手をしていた頃、八戸に行ったことがあります。しかし、送迎付で講師と共に講演先と懇親会場、ホテル、空港を移動しただけで、私は「ザ・青森」を何も体験していません。だから、いわば今回が初青森です。

青森で豆っぽいところって、どこでしょう?

どなたか、オススメを教えてください。

 

横浜の知人が、青森の豆について送ってくださいました。さすがです。それ以降の知識は、ほぼ増えていません。

 

初青森、毛豆の会場で「会ったその日から、お友だち」力を発揮して、近隣のお席の方たちに訊ねてみよう。

 

「毛まめ」と青森の豆っぽいのはもちろん、豆以外の青森も訪れてみたいと思います。

・太宰治記念館「斜陽館」  五所川原

・考現学の今和次郎さんにまつわるところ、モノ   弘前

・「かだれ横町」  弘前市百石町

川口のあんぱん 信栄堂。  北津軽郡板柳町大字板柳字土井118-4

豆漬け  津軽の秋の味覚

毛豆の塩漬け

豆しとぎ  12/9  えびす様の日に作られる食べ物

 

いくつ行けるかな‥‥

行く先々で、おそらく何か、豆っぽいのが目に入ってくると思うのです。

 

青森の皆さま、青森に詳しい方、もし、このブログをご覧になられましたら、私に青森の豆についての情報をください。よろしくお願い致します。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー