豆は「しあわせ」のタネである

賀茂川と桜あんぱん

ラ・ブランジェ ASANO の絶品あんパン

20160409224716

京都、快晴。

さくらのシーズン、あっちもこっちも外国人さんだらけです。

おいしいアンコが食べたくて、今朝は上賀茂橋近くのパン屋さんを訪ねました。このお店のあんパンには、大納言と氷砂糖が使われています。ほろりとほどけるようなアンコ、好きです。

今日は3種類のあんパンがありました。

ベーシックなあんパン、フランスパン生地のくるみあんパン、そして季節限定の桜あんパン

それぞれ異なる味わいです。

クルミあんパンを焼き立ての温かさが残るときに食べて以来、すっかりファンになりました。例えば銭湯上がり、腰に手を当てて飲みたくなる牛乳のように、片手を腰に当て、もう片方の手でクルミあんパンを食べている・・・ 自分が作ったパンでもないのに、誇らしい気分満々で食べるあんパン・・・ クルミとあんことパンのバランス、・・・この店のあんこの力はスゴイです。

 

ベーシックなあんパンを選んだRTさん、ご感想はいかがでしたか?

La Boulange ASANO 京都市北区 小山北玄以町25 リバーズストリーム鴨 1F 木曜定休

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2017年 10月
« 9月   11月 »
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー