鯵のマリネに豆トッピング

キッズキッチンの講座【応用編】に向けて練習中

7月14日(金)と15日(土)の2日間で、キッズキッチン・インストラクター養成講座の【入門編】【実践編】を受講しました。残すは9月の【応用編】です。

7月の受講時に次の課題を知り、唖然としました。

アジを自分でさばいて、料理をしなければなりません。さばくところから完成まで15分。しかも、子どもたちが作ることを想定した料理です。

「私は自分で魚の形をした魚をマトモにさわれない、どうしよう‥‥」と、ひるんでしまい、2日目の終了間際まで迷って、受講申込みを出してきました。

魚をさわれなければ、先生方の目の前で作る課題は通用しません。

ハラを決めて練習するしかありません。7月17日(月)から、私の鯵練習が始まりました。

鯵レッスン成長過程

最初はネットを見て自力でさばいて、15分37秒でした。

およそ1ヵ月弱、8月8日の11匹目にしてようやく7分45秒まで短縮できました。

私の計算では、三枚におろすところまでを7分以内にできるようにならねばなりません。

そして、調理時間8分でできる料理‥‥ と試算しています。

本日は12匹目の鯵をさばきました。毎回メモしていますが、本日のは

長崎県産 真あじ 全長 290ミリメートルでした。そして、所要時間は 6分50秒!

やった、ついに7分の壁を切ることができた!

鯵を三枚におろすことはこわくなくなったけど、さばいてすぐに料理して食べるのに慣れなくて‥‥ さばいたらしんどくなって、マリネ酢に浸して翌日食べることが多いです。

 こんな感じで、ラップして冷蔵庫へ‥‥

鯵のマリネ

本当は白身魚でするのだと思うのですが‥‥ 記憶の中のカルパッチョの真似っこです。

豆を使わないと豆なブログのネタにならないので使ってるだけです。豆ナシの日もあります。

[材料と作り方]手順は、

①三枚におろした鯵をマリネ酢に1晩漬け込む。

②翌日、ひと口大に切って、野菜と共に盛りつける。

③豆は適当に飾る感じで散りばめます。写真では、ひよこ豆レッドキドニーを使いました。水煮をのせてるだけです。

ほかの食材は、

サラダ菜、キュウリ、黄色パプリカ、アルファルファ、大葉、ケイパー

塩、マリネ液、E.V.オリーブオイル

酢漬けにすると15分では完成しませんから、別の料理を作らねば‥‥

だいたい子どもが、最初から魚のハラワタを出せるんかいね??

子どもが魚をさばくところから15分で料理できるの??

というような疑問は、今は考えない。ようやく7分の壁を切ることができたし、この後も、ひたすら練習あるのみです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です