豆は「しあわせ」のタネである

みどり色のアズキちゃん??

マメに予防! インフルエンザ

IMG_20160327_125007京都市北区、道を歩いていたらこのようなポスターを見つけました。ガラス越しに撮った写真で、背景が写っていたりしてごめんなさい。

厚生労働省と京都市のマーク入りです。

「手洗いでインフルエンザを予防して、かかったらマスク等でせきエチケット。〜 」と書かれています。マスクも手洗いも大事ですよね。

マメに予防! することが、大切です。

ということで、なんとインフルエンザの予防啓発キャラクターにマメが使われています!!

左側のマスクをしている子が「マメゾウ」くん。

右側のピンクの水玉リボンを着けた子は「マメ子ちゃん?」きれいに手を洗ってピカピカ光っています。

わ〜い、キャラクターに豆を使ってくれたのね〜♪ と初めは思いました。

 

マメゾウくんとアズキちゃん

IMG_20160327_125022 IMG_20160327_125014

左の子はマメゾウくん。右の子はアズキちゃん。 え、小豆? え? なんで緑色なん?

いつもだったら気にも留めないことですが、みどり色のアズキちゃんはどうにもしっくりきません。

 

高齢者(65歳以上)の予防接種は2,000円で受けられます、という表示の横に記載された問合先は京都市保健福祉局 保健衛生推進室 保健医療課で、電話番号も載っています。

電話して「なんでアズキちゃんが緑色なんですか?」「小豆はアズキ色か白か、まれに黒だと思うんですけど‥‥」と訊ねてみると、「ポスターのベースは厚労省で作られたものを全国で活用しているので、勝手にさわることはできない」とのこと。はい。了解しました。

そして、ご親切に「厚生労働省」「インフルエンザ」で検索すると、ポスター&啓発ツールがダウンロードできることも教えてくださいました。

 

あ、ほんとだ! ダウンロードできるんだ〜♪

せっかくなので、なぜアズキちゃんが緑色なのか、厚労省さんに訊いてみたくなりました。

 

厚生労働省 保健局 結核感染症課

電話をかけてお訊ねしてみると‥‥ 気のない返事。

「ポスターは子どもたちも見ると思うんです。本年度はもう印刷済みで掲示されているから、次年度も使われるのであれば、アズキちゃんは小豆の色にしていただくようなご検討をお願いできませんか?」と、国民の声としてお願いしてみると‥‥

「はい。担当の者に伝えておきます」と、素っ気ない返事‥‥

「伝えてくださったお返事はいただけるのですか?」と粘ると、待ち時間数分後に返事を訊いて来てくださいました。

「アズキが緑色なのはデザイン上のことなので変えることはないそうです」とのお返事。

 

そうですか。。。 大変お忙しい中にお時間をとらせて申し訳ありません。

マメゾウくんと緑色のアズキちゃん、マメに予防のシンボルとして、ますますのご活躍をお祈り申し上げます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2017年 10月
« 9月   11月 »
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー