豆は「しあわせ」のタネである

穀物屋の「あずき」パウンド

豆を使ったお菓子が気になる

 

2016 国際豆年」の影響か、あちこちで豆を使ったお菓子が目に入ります。豆を使うお菓子と言えば、まずアンコ。小豆を使うあんこが王道ですね。今日のお昼間、伊勢丹で買った御座候」さんの回転焼きは「赤あん」「白あんで表現されています。

あ、「赤あん」は小豆のあんこ「白あん」は手亡豆のあんこです。ちなみに私は、白あんの御座候を牛乳と一緒にいただくのが好きです。

 

で、あんこ以外のお菓子となると、ここ数年増えているのが、黒豆を用いた和菓子や洋菓子お正月の黒豆以外でも、黒豆が入った和洋菓子は、小豆のあんこを使うものより高値が付いているようです。

昨年末にいただいた「黒豆入りのシュトーレン」、「黒豆と天拝山のケーキ」、年始にいただいた「黒豆のクーグロフ」、どれも洋菓子に黒豆を入れて焼かれたものでした。

IMG_20151231_142756

横浜市青葉区「Bon Vivant」さんの黒豆入りシュトーレン。シナモンやナツメグの香りと黒豆が、こんなに合うことに感激しました。

IMG_20160102_215348

「洋菓子店 ニノカニーノ」の天拝山と黒豆のケーキ。日本酒がしっかり効いています。黒豆も生地も、しっとりとしたおいしさです。

IMG_20160106_135526

福岡の名門「16e」の季節菓子・黒豆のクーグロフ。三嶋シェフ考案のダックワーズやマロンパイが有名。

IMG_20160106_211612

(16e クーグロフ断面)ラム酒が効いてて、アーモンドプードル入り生地のふんわりした食感に黒豆がベストマッチ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、たまに見かけるのが、緑色のえんどう豆を使ったうぐいす餡の和菓子。

小豆や手亡豆、黒豆、うずら豆、金時豆などの甘煮を生地に混ぜたり、上にのせたりして焼いた調理パンも見かけますね。

豆を使ったお菓子やパンを見ると、つい買わずにはいられない性分です。(^^)

 

小豆が入ったパウンドケーキ

IMG_20160106_135756 スクリーンショット 2016-01-13 22.35.50

こちらは、穀物屋 森光商店の博多リバレイン店で買ってきたパウンドケーキ。プレーン、オレンジ、あずきの3味あって、1切ずつ個包装されていました。

あずきのパウンドケーキは、生地にあんこを練り込んで焼かれたパウンドケーキかと思います。あずきのやさしい甘さと小麦粉、バターがまろやかにふんわりと焼き上げられ、1切では止まらなくなります。

久留米市の穀物屋の本店で、スタッフの誰かが焼かれ、一つひとつ包装されたものだと思うとまた、しみじみと美味しさが増します。Mさん、がんばってますか〜?

 

豆を使ったお菓子やパンが増えますように!

そう、私が望むのは「2016 国際マメ年」の影響で、豆を使ったお菓子がもっともっと増えていけばいいなということ。実際に自分で豆を水にもどして茹で、料理やお菓子に使う人は限られるかもしれませんが、お菓子屋さんやパン屋さんが豆を使って作ってくだされば、結果的に豆を食べる人が増えていきます。

アンコは苦手という人でも、洋菓子に使われる豆だったら喜んで食べるのかもしれません。

そうして、日本以外の国の人たちも、日本人の感性でしか作れない豆を使った美味しいお菓子やパンを知ってほしい。そうして、おいしい食べ物が国同士の壁をこわすことができたら‥‥ と思うのです。

おいしいはハッピーの隣にある。おいしいをいっぱい作って、世界中の人がしあわせな気持ちで手をつないでくれますようにと願います。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2017年 12月
« 11月   1月 »
     1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
  • No Events

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー