豆は「しあわせ」のタネである

でん六 あずき甘納豆チョコ

準)チョコレート菓子 黒ごま きなこ

ある日、家に帰ったらありました。家族が見つけて買って来たそうで、「なんかオモシロソウ」と口にしてみると‥‥ これが、想像以上においしいのです。

小さいテトラの袋に10粒弱の楕円形の粒。ふんわりきなこチョコがおいしい。その中に入っている小豆甘納豆とコーティングのホワイトチョコ、周囲をおおうきなこ味

この小さい粒、袋を開けて手のひらに乗せ、一気に無くなります。

きな粉と小豆のダブル豆使い、良くできてるなぁと思い、載せました。

 

家族に「おいしい」と言ったら、また買って来てくれて‥‥

いくらするのか調べてみたら、ネットでは外袋の10袋入りが税込1,810円で出ています(+送料)。

豆菓子の会社として名前だけ存じていた「でん六」さんは、山形市の会社だったのですね。

なんと我が家の「あずき甘納豆チョコ」は特売で買ったそうで、1袋150〜160円くらいだったそう。後日のぞくと姉妹品の抹茶味しか残っていなかったとか。やはり「あずき甘納豆チョコ」は、人気なのですね〜(^^)

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2017年 12月
« 11月   1月 »
     1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー