豆は「しあわせ」のタネである

妖怪 あずき洗い

京都デザインハウスに、

プロダクトデザイナー 福定良佑さんの
utsushiwa シリーズが置かれていると聞いて、見に行きました。
 
そこで、ステキな発見が‥‥
 
 
IMG_20150920_162554

妖怪 あずきあらい

 

百鬼夜行の和片(わっぺん)です。あずき洗いは、赤い上っ張りに青い帯、その衣装はアズキ柄です!

カゴに両手を入れて、熱心に小豆を洗っています。

あずき洗おか、人とって食おか、ショキショキ」と歌いながら小豆を洗っている表情が、なんとも生き生き、ステキな表情です。

まるで、昔々の友人に再会したような、なつかしくて嬉しい感情がわき上がってきました。次から赤飯教室に参加してくださる方の教材としてお目にかけようと思い、買い求めました。(*^-^)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2018年 2月
« 1月   3月 »
    1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28     

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー