豆は「しあわせ」のタネである

あまとろ、小豆小町〜♪

あずきが呼んでいる〜♪

Hさまとの打合せで、待ち合わせの場所に行くと‥‥ 気になるPOPを発見!

IMG_20160117_130513

これに見覚えのあるアナタも、コメダ珈琲店に行きましたね(^^)

もう、これを見た途端、ほかのメニューを見る必要もなく、即決です!

小豆小町」というそうな‥‥。ステキな名前♪

あまとろ。とけとろ。」‥‥ ショルダーコピーが可愛い♪

あずき、いれました。」‥‥ わかりやすい!

というわけで、口にする前から文字にやられました。

 

「小豆小町」を飲んでみました!

Hさま、ごめんなさい。超マジメなお話の前に、オーダーした小豆小町が届いたら、もう我慢できなくなって写真を撮ってしまいました。

IMG_20160117_130750 IMG_20160117_130808

見るからに普通のコーヒー。知らなかったら、この店のブレンドコーヒーだと思いますよね。

ふふふ。ご想像どおりです。コーヒーの中にアンコが沈んでいます!

 

「え、コーヒーにあんこ?」と、不思議な食べ物を見る表情のHさま。

だけど私には免疫がありました。かつて、コーヒー大福とか、カフェオレ大福とか食べたことがあるから、コーヒーとあんこがそんなに仲たがいしないことを知っています。

「たぶん、大丈夫だと思いますよ」と私。

「うん、大丈夫です。私は嫌いではありません。マイルドな飲み味です」と私。

 

ホントです。そんなにヘンな飲み物という気はしません。ふるさとのおばあちゃんに飲ませたら、コーヒーは飲めなくても、小豆あん入りのコーヒーだったら飲んでくれそうな味。

コーヒーに砂糖は絶対入れないのに、あんこ入りコーヒーはOKの理由が自分でもわかりません。けど、また行くことがあれば、おそらくまた、ほかのメニューも見ずにコレにすると思います。(^^)

 

豆の探検家が味わってみた結果、中のアンコは、おそらくお店で小豆から炊いた自家製餡ではないと思います。業務用の缶詰のアンコでしょうか。これだったら、一般のご家庭でもできそうです。

即席ぜんざいを作るのに、缶詰のあんこを買ってこられたら、だまされたと思って一度お試しください。ただし、味覚というのは人それぞれでございます。私はOKだったけど、皆さまにとってNGだったらごめんなさい。

 

「あまとろ〜」なコメダ珈琲さんのくつろぎを、たったの480円で、存分に楽しませていただきました。

コメダさん、ありがとうございます。うれしかったです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー