豆は「しあわせ」のタネである

見つけました

鞍馬 多聞堂の「牛若餅」

「あうんの虎」を求め、鞍馬へ 3年ぶりに鞍馬寺へ行きました。行きは地下鉄+京都バス、帰りは京阪電車で出町柳まで。 鞍馬で迎えてくれたのは、世代交代した天狗さん。以前の天狗は鼻が折れたとかで、新人天狗は眉と髭が白くなっていました。 …

記事を読む

東映京都撮影所ちかくの「うずまさふたば」

太秦探検で寄り道 取材で訪れた太秦の「山口とうふ店」、その帰りに太秦をてくてく歩いてきました。 山口とうふ店から太秦広隆寺駅のほうへ戻る途中、この「太秦」の信号が見えたら、左へ。そのまま真っ直ぐ、ずんずん歩いて見つけたのが、この看板…

記事を読む

年暮る

大晦日 年賀状がまだ書き終わらないまま、大晦日もどんどん残り少なくなっています。 お正月の黒豆は1鍋目、2鍋目ともに、おいしく仕上がったと思います。自分では、ちょこちょこと味見するだけで、まだじっくりと味わっておりません。 九州に…

記事を読む

栖園の「福かぶり」を味わう

栖園の奥さんと 「琥珀流し詣で」に通っている大極殿本舗 栖園の「奥さん」と、お話する機会をいただきました。苗字は、芝田さん。お名前は「女が前に出るのは、よろしくないですやろ」とおっしゃっておられましたので、ここには伏せます。 こ…

記事を読む

米粉バウム「白あんマロン」

バウムクーヘン対決 テレビ番組でドイツのバウムクーヘンと日本のバウムクーヘン対決をしていましたね。ドイツの人たちが食べ比べて、どっちのバウムクーヘンが好きか6人が投票するというもの。結果は3:3の引き分けでした。 バウムクーヘン発祥の地…

記事を読む

豆行事や催しなど

2020年 1月
« 12月   2月 »
   1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー