豆は「しあわせ」のタネである

見つけました

栖園謹製 ぜんざい

大粒丹波大納言ぜんざい 「小豆を紙コップに半分くらい毎日食べ続けて、半年もすれば冷え性が気にならなくなります」とお聞きした藪光生 先生のお話を意識して、気がつけばまた、小豆を口にする日々です。 買い置きしていた栖園のぜんざい。 …

記事を読む

下田の「大人な あんぱん」

大丸京都店の特設売場で買いました   デパ地下の催事で、静岡のパン売場を見つけました。この前の「時をかける『あん』」で見かけた「静岡あんパン」の記憶があったから、静岡県下田市のあんぱんを買ってみました。 「大人な あんぱん」という名前…

記事を読む

井村屋 煮小豆ようかん

食べやすい個包装 近所の食品スーパーで見つけました。井村屋さんの煮小豆ようかん、「おぉ!」と思って買ったのは、表示された「片手でプッシュ!」を試してみたかったから。 さっそく試してみると‥‥ 「押す」と書かれた◯のところを押…

記事を読む

筑波名産 干納豆

『景』さんにいただきました 「豆の人やったら、干納豆(ほしなっとう)って知ってる?」 「え〜、なんですか? 知りません」 「知らんの? これやで〜」 と、連れて行っていただいたバーのカウンターに登場したのが、これ。  …

記事を読む

「金沢百番街 すゞめ」さんが気になります

金沢駅にて 連休中に訪れた金沢駅で、日本三代銘菓のひとつと聞く森八さんの「長生殿」を買うために立ち寄った「百番街あんと」、用事を済ませて売場をのぞいていたら、気になるお店がありました。 金沢百番街 すゞめ 「豆餅す…

記事を読む

豆行事や催しなど

2019年 1月
« 12月   2月 »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー