豆は「しあわせ」のタネである

メディア掲載など

豆類時報 vol.95に「京とうふ 藤野」原稿が載りました

日本豆類協会「豆類時報」は3ヶ月に1度発行されています 豆の専門誌に原稿を書かせていただいております。姫路の「あずきミュージアム」、北海道・中札内村の「ビーンズ邸」、長岡の「世界えだまめ選手権」、「京のお赤飯」、滋賀県の「朽木まるきゅう」…

記事を読む

毎日新聞 連載〈15〉京とうふ 並河商店/下京区

町に寄り添う一家の呼吸 6月15日(土)、今日の毎日新聞 夕刊に掲載されました。 「とうふ屋のある町は いい町だ」、15回目の掲載です。 並河商店の4代目 並河龍児さんと何回もお話しました。初めてお店にうかがったとき、「あぁ、なん…

記事を読む

朝日新聞〈京都版〉にコラム③掲載

「四季つれづれ」3回目が掲載されました 5月から、朝日新聞にコラムを載せていただいています。こちらは、6月5日の朝刊です。 初めて豆を茹でるときの注意や「一豆三味(ひとまめさんあじ)」、おうちカレーのことなどを書きました。 見出しは新…

記事を読む

朝日新聞〈京都版〉にコラム②掲載

本日、2回目が掲載されました 今月から、朝日新聞にコラムを載せていただいています。今日の朝刊にも載っていました。朝日新聞の朝刊ですから、近くのコンビニっぽいパン屋さんにも置いています。すぐに買うことができて便利。 今回の掲載は、豆と…

記事を読む

毎日新聞 連載〈14〉賀茂とうふ 近喜/下京区

国産の色香 引っ張りだこ このタイトルも、松井編集長が付けてくださいました。5月18日土曜日の毎日新聞 夕刊に掲載された「とうふ屋のある町は いい町だ」、14回目の掲載です。 近喜さんの6代目店主 林浩二さんにお話をお聞きしました。ゴー…

記事を読む

豆行事や催しなど

2019年 6月
« 5月   7月 »
      1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー