豆は「しあわせ」のタネである

そのほか

GREEN 304号は、オホーツクの豆特集

GREENはホクレンさんの情報誌です 「食卓に もっと 北海道を。」とショルダーコピーが付いたホクレンさんの情報誌GREEN。3ヶ月に1回発行されています。登録すると無料で送ってくださいます。私はもう、3年くらい送っていただいています。肉…

記事を読む

「九州まーめん」と豆腐チリコンカン

賞味期限が大丈夫なうちに‥‥ いただきものの「九州まーめん」、賞味期限が長いから、昨年いただいたままになっていました。まだ数ヶ月は大丈夫なので保存食にも良さそうです。 「九州まーめん」は、大豆だけで作られた麺です。「九州産大豆 ふくゆた…

記事を読む

京都 大徳寺「五(いつつ)」

大徳寺ちかくのお蕎麦屋さん 京都市北区、大徳寺沿道と北大路通りに面した角に雰囲気のいいお店がありまして、一度行ってみたいと思っていました。 ご一緒してくださったのは、お仕事先の課長さん。女子2人で初訪問。その店が、和久傳の系列店というこ…

記事を読む

大福豆は、縁起豆

年賀状に使いました お正月明け、今日から仕事スタートのところが多いようですね。年賀状が今日も、たくさん届きました。 今年の年賀状に使った写真は、コチラ。 写真の豆は「大福豆(おおふくまめ)」、お正月の縁起物「大福梅」、通年おいしい…

記事を読む

2020年の始まりに(2)

本年の予定 豆好きな人を増やすため、私は豆・豆料理探検家として自分にできることをやっていきます。 1月は今シーズンの味噌仕込会2回目、2月に3回目を予定 2月に「世界豆の日」レセプションに参加予定 5〜6月に、豆の研修に行きたい …

記事を読む

豆行事や催しなど

2020年 1月
« 12月   2月 »
   1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー