豆は「しあわせ」のタネである

豆なブログ

鶴屋寿の志るこ「嵐峡の月」

お花見にこそ携えたい「懐中しるこ」 「利き懐中しるこ」の第7弾は、白い「嵐山 さ久ら餅」で知られる鶴屋寿さんの懐中しるこ。 さくらが見頃を迎えるこの季節に、懐中しるこはぴったりの甘味です。もともと、古の風流人が花見や紅葉狩りなど、戸…

記事を読む

100g 1,399円のヒヨコ豆

メソポタミア文明とチックピィ 某デパ地下で、通りがかりに興味深い商品を見つけました。 どう見ても「ひよこ豆」なのですが、販売しているおじさんは、「これは皆さんが知っているヒヨコ豆とは違います。メソポタミア文明の頃から???川の流域で…

記事を読む

茄子とミョウガの呉汁

作ってみたくなりました 火曜の晩に、岩岡館長が言われていた「茄子とミョウガの呉汁」、それはおそらく夏の食卓にあがる汁物だったのでしょう。岩岡家では、いくつかの組み合せの呉汁が登場するのだろうと思いますが、館長の記憶の中のベストが「茄子とミ…

記事を読む

とうふサラダと新横浜ラーメン博物館ご一行様

物事は必然に 京都のラーメンシーンをリサーチしに来られていた新横浜ラーメン博物館の岩岡館長、Nさん、Oさんと晩ごはんをご一緒させていただきました。 気の利いた京都らしい店にすんなりご案内することかなわず、雨の中4人でぞろぞろ流浪した末に…

記事を読む

ぼた餅は「仏陀」に起因する?

春のお彼岸に「ぼた餅」を作りました 明日はお彼岸の中日で春分の日ですね。彼岸の入りは18日(日)、彼岸明けは24日(土)で、この1週間はご先祖さまが近くに来てくださるのだそう。 日曜日に、お彼岸を意識して「ぼた餅」を作りました。春は「ぼ…

記事を読む

豆行事や催しなど

2018年 4月
« 3月   5月 »
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー