豆は「しあわせ」のタネである

試作・おぼえ書き

豆を煮る

うれしいときは豆を煮る 哀しいときも豆を煮る 悔しいときも豆を煮る 仕事がテンパってきたら豆を煮る 誰かが来るとき豆を煮る 結局いつも、豆と会話する日々 小倉あん、できました(^^) 明日は豆ラボにお客さま 作…

記事を読む

野菜の価格が高いときは、乾燥豆を使いましょう(^^)

野菜の値段が上がってますね〜。 葉っぱ野菜は特に‥‥ そんな時は、価格変動を受けない乾燥豆(既に市販されている豆)を、上手に活用しましょう。食物繊維やタンパク質、ビタミン類の含有量が、お肉や野菜より多かったりしますから、上手に組み合わせる…

記事を読む

ピーナッツ・ドリア 試作

ピーナッツをすりつぶして 友人がくれた手づくりのピーナッツバターがとても美味しかったから、ピーナッツレシピを考えるとき、ああいうのもいいなと思いました。 ピーナッツをすりつぶす‥‥ そう、あのすり鉢を使いたかったのです。(^^)   …

記事を読む

あさイチで見た「ゴジベリー」

ゴジベリー? 知らなかったです、そんな名前。クコの実のことをゴジベリーと言うんですね。中華食材の袋には「枸杞子」と書いてありました。 ニューヨーク発のスーパーフード・ゴジベリーは、肌のシミをできにくくする美容食材なんだとか。今週火曜日の…

記事を読む

おうちカレーに「豆」

「豆」使いの手始めは、おうちカレーから 日曜日はカレー曜日。夕方は「ちびまる子ちゃん」から「サザエさん」をハシゴしながら、家族揃って晩ごはん。そして、また元気に月曜日を迎える。。。これ、私の理想の週末像です。 そのカレーに豆粒が入ってい…

記事を読む

豆行事や催しなど

2017年 10月
« 9月   11月 »
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー