豆は「しあわせ」のタネである

豆な仕事

新潟しろねの「甘茶豆」

新潟の枝豆プロジェクト始動   奈良 風神グループに新潟から2回目の茶豆が入りました。 「日本枝豆紀行」を提案したのは昨年のこと。いよいよ、その動きが始まったかも‥‥と勝手に喜んでいます。奈良・新大宮のFUJIN食堂に、仕込の…

記事を読む

ピーナッツも豆?

国際マメ年と油料作物 2016 国際マメ年 International Year of Pulses 今年は国連が定めた豆の年です。そのおかげで、10月13日の「豆の日」に向け、各団体が足並み揃えて豆の消費を増やそうという働きかけを始めら…

記事を読む

新潟みらい「しろね茶豆」

「家の光」9月号を見て   この雑誌のP175〜178に掲載されていた新潟のエダマメ、出版社と出荷元に連絡をとり、知り合いの飲食店とつなぐことができました。 右の写真は、新潟の「しろね茶豆」です。第1回目の「しろね茶豆」は、お…

記事を読む

キッチンスタジオで豆料理の撮影

東京のスタジオへ 8月某日、都内のキッチンスタジオにて豆料理の撮影立合いをしました。大豆といんげん豆を使う料理を8種類、アレンジまで含めると12カットの撮影でした。 編集者さん2人、女性のカメラマンさん、スタイリストさんと一緒に料理…

記事を読む

豆特集のための試作

すきやき風 豆煮込み   テーマは「いんげん豆を使った和風の煮込み」です。 うずら豆を水煮にして、すき焼き風の味付けにしました。 うずら豆のもようは水に浸すと茶色っぽくなり、茹でてもっとわかりづらくなって(写真の右側)、…

記事を読む

豆行事や催しなど

2019年 8月
« 7月   9月 »
    1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー