豆は「しあわせ」のタネである

豆・豆料理探検

鳴海餅本店の栗赤飯

  創業1875年の鳴海餅本店。京都では指折りの赤飯の老舗です。 「本家  鳴海の栗赤飯 はじめました」 この看板に誘われて、栗がのっかったお赤飯を買いに立ち寄らせていただきました。 鳴海餅さんのお赤飯、店では蒸…

記事を読む

走り井餅の「影と光」

写経でお世話になっている書家・宇敬先生とマニュエラさんのパフォーマンスが見たくて、白沙村荘 橋本関雪記念館に伺いました。   そこで見つけたのが『走り井餅』。 マニュエラさんの作品が展示されている2階に上がってすぐのところで売られ…

記事を読む

上賀茂手づくり市にて

京都・上賀茂神社では、毎月第4日曜日に「手づくり市」が開催されています。 自宅から近いので、時々足を運んでいます。目当ては豆ジャムなどを販売されている「Soy Sweets Sugar」さんと、雑穀のパン屋さん「ロワゾー  ブルー」さん。…

記事を読む

奈良・大和郡山「豆パン屋アポロ」

奈良・大和郡山にある私の好きなパン屋さん。 「豆パン屋アポロ」さんに初めて訪れたのは、6年くらい前のこと。奈良県に一度も足を踏み入れたことがなかったから、福岡から京都経由で奈良を訪ねたのでした。 「奈良で豆に関係ある…

記事を読む

9月の「琥珀流し」と小椀ぜんざい

大極殿栖園(京都市)は、私の大好きなお店です。この店で出される月替わりの「琥珀流し」は、地元の人にも観光の方にもすこぶる人気です。窓から見える坪庭の金魚も良い感じ。   これは、9月の琥珀流し「ぶどう蜜」です。食感の異なる2種類…

記事を読む

豆行事や催しなど

2018年 2月
« 1月   3月 »
    1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28     

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー