豆は「しあわせ」のタネである

豆なレシピ

金時豆レシピ2 タコライス

一豆三味(ひとまめさんあじ) 市販されている豆の多くは、内容量が200gとか300gとか入っています。その豆を一度に水洗いして戻すと、約2〜3倍に膨らむので、たいそうな量の豆三昧(まめざんまい)になってうんざり。豆が苦手になりかねません。…

記事を読む

金時豆レシピ 茄子みそ

金時豆の甘くない調理法 金時豆というと、日本では甘煮が王道です。いんげん豆の仲間である金時豆はミネラル豊富、ホクホクとしたおいしさを甘煮以外の料理にも積極的に活用してほしいと思うのです。 (金時豆 左は乾燥状態、右は茹でたもの) …

記事を読む

赤飯五穀米のぼた餅

4月15日も赤飯の日 「毎月1日と15日は赤飯の日」と言い始めて、気が付けばそろそろ8年? その日は自分でも、できるだけ赤飯をつくろうと努めています。 4月15日のお赤飯は‥‥ 赤飯五穀米と餅米を使って、赤飯五穀米のぼた餅をつくりまし…

記事を読む

豆のスープを作りましょう

基本のミネストローネに、お好きな豆を もしかすると、私が最初に覚えた豆料理もミネストローネだったかもしれません。 仕事で関わらせていただいている穀物屋のニュースレター「おいしい週末」創刊号のメインレシピが「豆とカブのミネストローネ」でし…

記事を読む

北海道の「甘いお赤飯」を真似て

北海道では2種類のお赤飯が並んで販売されています 「北海道のお赤飯は甘いお赤飯もある」と知ったのは、もう10年くらい前のこと。札幌在住の友人が、豆に興味を持っている私に写真を添えて、そんな情報をくれました。 デパ地下や食品スーパーのお惣…

記事を読む

豆行事や催しなど

2018年 7月
« 6月   8月 »
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー