豆は「しあわせ」のタネである

豆コレクション

村井宣夫さん「黒千石大豆」の本を読みました

辻本宜子さんからのいただきもの 辻本さんは北海道遠軽ご出身、札幌在住の豆の先輩です。 昨年、辻本さんからいただいた黒千石の本を読み終えました。 村井宣夫さんと黒千石制作委員会が著された「ちっちゃくて ちからもち 黒千石大豆」の御本は、…

記事を読む

小豆のマニアックな話

豆の整理整頓中 いろいろあるんですよ、ホント。好きなばっかりに、ちょっと違うだけで、どれも欲しくなってしまうから。何かのためにと、珍しい豆は資料的に残してしまうから。 豆の立場から言うと、土に撒いてもらうのが一番で、種を撒かないのであれ…

記事を読む

白花豆を使ってみよう

大粒豆は水戻しに注意 豆の袋など見ていると「1晩水につけてもどす」と書かれているの、見かけますね。 豆をもどす時間は、豆によって違います。粒の大きさ、豆の種類、収穫されてからの月数、年数などによって、似たような豆でも水戻し時間が変わって…

記事を読む

レンズ豆のこと・続編

レンズの語源となった「レンズ豆」 仕事でレンズ豆のことを調べていた一貫で、注文していたレンズ豆が届きました。 「アメリカ産 レンズ豆 皮付き 250g 乾燥豆」と、「アメリカ・カナダ産 レンズ豆 皮なし 500g レッドレンテル、マスー…

記事を読む

お精霊迎えに「柊野ささげ」

お精霊迎えのお盛り物 8月13日、関西と九州では、お盆でご先祖さまが帰って来られる日ですね。我が家と豆ラボいずれにもお仏壇はないのですが、茄子と胡瓜、やさい豆のささげが欲しくて買いました。 お精霊迎えのセット(小…

記事を読む

豆行事や催しなど

2019年 10月
« 9月   11月 »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー