豆は「しあわせ」のタネである

カレーの会

豆カレーを食べに来て!

本当はGW中にやりたかったのだけど、スケジュールの都合で休み明けになりました。ご参加くださった皆さま、ありがとうございます。

「豆のカレー」と言うとき一般的なのは、ひよこ豆ムングダルを使ったキーマカレーや、数種類の豆をミックスして軽く煮込んだカレーなど。せっかくなので「カレーの会」では、外であまり食べないような豆カレーにしようと‥‥ 穀物屋レシピを使いました。

 

レンズ豆と夏野菜のスープカレー

使う豆は、昨年6月の豆イベントで参加者にお渡ししたレンズ豆。最後の1袋を使いました。豆って常温で保存がきくし、持ち運びがしやすいし、その上レンズ豆は水浸けなしで使えるし、たいへん便利な食材です(^^)

 

 

見野大介さんの器、2ショット実現

夜の写真で暗いのが残念ですが‥‥ 染色Nさんと揃いの器にカレーを盛りつけました。

レンズ豆とチキンのスープカレー。野菜がたっぷり入っています。

材料は、鶏モモ肉、鶏手羽元、玉ネギ、ニンジン、じゃがいも、ナス、オクラ、レンズ豆、カレーパウダー、水、トマト水煮、ガラムマサラ、塩。本来のメニューにはナンプラーの記載も。

ごはんは、白米にスペルト小麦を混ぜた麦ごはん。見野大介さんの器でいただきました。

 

せっかくなので、初おろしの見野さん作の酒器も載せておきます。女子にも男子にも好評で、純米酒が何杯も注がれていました。

 

その他のおかず、おぼえがき

「豆は主役になってはいけない食べ物だと思う」と常日頃から申しております。ちょろっと、食材の一つとして顔を覗かせるくらいが好いように思います。

  

秘伝豆のじゃこおろし和え、ひよこ豆の明太ペンネ、セロリと塩昆布の浅漬け、

キュウリと黄色パプリカのマリネ、いぶしがっこ、水出し八女茶、ビール、日本酒

 

豆っぽいのも、豆を使わないのもいろいろあって、ゆる〜く豆会。

お付き合いくださった皆さま、ありがとうございました。

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 9月 04日

豆行事や催しなど

2017年 10月
« 9月   11月 »
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー