豆は「しあわせ」のタネである

新潟県魚沼産 大地の茶豆

なんでこの枝豆が、1袋150円なの?

京都・八百一本館で買いました。新潟県の魚沼って、コシヒカリで有名な土地ですよね。お米のブランドとしては確立されているけど、枝豆業界ではまだ知名度が低い? いや〜、「魚沼産」と付くだけで、イメージいいはずなのに‥‥

なぜ? この枝豆は1袋(約260g入っていました)税込150円で、しかも八百一さんで、この価格で売られているの? と不思議だったので、買ってみました。

「認定農業生産法人 有限会社 大地」さんの枝豆です。ここ数年、あちこちの枝豆を見てきた中で、初めて見かける枝豆です。

 

 

大地の茶豆

「日本一の豪雪、日本一の河岸段丘

魚沼の風土と肥沃な大地が育んだ香りと甘味をご賞味下さい」と、袋の裏書きにありました。そして、この茶豆を「おいしくゆであげるコツ」も記載されています。

スミマセン。私は、いつものようにフライパンで蒸し焼きにしました。南部鉄は本日不調につき、ダイヤモンドコートの熊八さんを使いました。やはり、南部鉄のほうが熱の回りが良いのか、程よいかたさ具合になるまで、いつもより時間がかかりました。

食べてみると、莢が肉厚? 豆の香りが弱い? 豆粒のホクホク感のキメが粗い? いえ、そんなことはないでしょう。あくまで個人の主観です。「150円」という価格を知っているせいで、弱点を探そうとしてしまいます。

何も知らずに食べたら、おそらくわからない、おいしい枝豆です。

 

では、何でこの茶豆は、1袋150円で売られていたのでしょう?

創業祭? セール? どっちも違いますね。この前のGI新潟県産 くろさき茶豆は今日も、150円/gで販売されていました。同じ新潟県なのに‥‥なぜ?

 

う〜ん。まだ今のところ、蒸し焼きの出来立てアツアツを口にしただけだから、常温に冷ましたもの、冷蔵庫で1晩冷ましたものも、味わってみないと、わかりません。

枝豆って、温かいうちより冷たくなってからのほうが、味が落ち着いて美味しく感じてしまうのは、私だけでしょうか?

茹で上がり、蒸し上がり直ぐは枝豆の色も良いし、時間がたつとそのキレイ色は黒ずんできたりします‥‥ 味は、

 

冷ますと、なお美味しく感じました

一夜明けて、祝日午前中。朝から枝豆を食しています。夜中にひっそり食べるより、明るい光の下では、よりおいしく感じます。鶴岡の茶豆新潟くろさき茶豆に比べると、少し香りは弱いかもしれません。でもね、

この枝豆も食べ始めたら止まらなくなります。例のコーンみたいな味わいが口いっぱいに広がります。おいしい(^^)

 

結論:何でこの大地の茶豆が1袋 税込150円なのか、私にはわかりません。私は室内で調理しておいしい枝豆を食べるだけですが、私がお支払いしたお金の中から、生産者さんにちゃんとお金が入ることを願います。

 

枝豆は野菜と豆類の両方の優れた点を内包する やさい豆、そろそろ黒枝豆も売られ始めました。枝豆、おいしく口にしてくださいね。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2017年 10月
« 9月   11月 »
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー