豆は「しあわせ」のタネである

大豆栽培・・・百井夢農場さんにて

百井夢農場の大豆を見に

7月から大豆の試験栽培でお世話になっている百井夢農場さんへ、しばらくぶりに大豆の様子見にお邪魔しました。

IMG_20160825_170400

京都・大原よりもっと山奥にある農場は、観光名所や市の中心部とはほど遠い印象の、とても静かなところ。気温も軽く5℃くらい低いように感じます。

前回、U子ちゃんに同行したのは7月中旬でしたから、早1ヵ月以上すぎています。

大豆は1ヵ月ちょっとで、目覚ましい成長を遂げていました!

IMG_20160716_131538   IMG_20160825_170347

下界で育つ大豆より青々と立派に見えます。畝にかけた黒いビニールの効果なのでしょうか?

肥料は苗と苗の間に1カ所ずつ、数粒入れただけでした。

IMG_20160825_164414 IMG_20160825_164507

大豆の葉っぱには少し虫喰いあともあって、「害虫は何ですか?」と訊ねたら「バッタやいも虫ですよ」と農家さんのお返事。写真の黄緑色のバッタさんたちの食事になっている‥‥はじめて知りました。

「ひとうね農業」の試験栽培大豆の隣には、ピーマンやキュウリやオクラなどがすくすく青々と育っていました。

 

あ、花が咲いてる!

「大豆の花って、薄紫色してるんだよね」とU子ちゃんと話しながら、大豆の様子を見ていたら‥‥ 葉陰にほら、うっすらと花が咲いています! 大きな茎から細く短い茎を伸ばし、その先にチョンチョンと薄紫色の花。枝豆がそうであるように、花も葉陰に潜んで咲くのですね。

IMG_20160825_165207 IMG_20160825_165219

その花が過ぎると、いよいよそこに枝豆ができる‥‥!

IMG_20160825_170040

おそらくこの茶色いのが、花が落ちたあとの額ではないかと思います。ここから枝豆ができていくのかな?

8月下旬の大豆は、百井という山間の畑で、草丈60〜70cmはあろうかという大きさに育っていました。この勢いで9月には枝豆が収穫できるかも‥‥?

 

農場の近くには早々と秋桜が咲いていました。山の畑には秋が早いと聞きます。U子ちゃんの大豆が百井で完熟し、乾燥状態まで育つことを思い描きながら、百井夢農場をあとにしました。

面倒をみてくださっている農場の皆さま、いつも本当にありがとうございます!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2017年 10月
« 9月   11月 »
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー