豆は「しあわせ」のタネである

自主トレ「海老と白いお豆のトマト煮込み」

豆のみずもどし ハーブ+ガーリック+オリーブオイル

北海道 上士幌町・村上農場のじゃがいもの頒布会で、豆も一緒に購入することができます。その箱に一緒に入ってくる「頒布会便り」は読みごたえがあって、毎回楽しみにしています。

今回の「頒布会便り」に、奥さまの十八番という豆料理が紹介されていました。

お勧め料理2品から「海老と白いお豆のトマト煮込み」を作ってみることに。豆を水にもどす戻し方が、私がふだんやっている「水もどし」とは異なり、味がどう変わるか確かめてみたかったのです。

 

まずは、お豆をオリーブオイル、ハーブ(タイム・ローズマリーなど)、つぶしたニンニクと一緒に一晩水に浸し、浸し水ごとあらかじめ茹でておきます。

村上農場「頒布会便り」より

書かれたとおりにやってみました。すると翌朝豆ラボに来たら、キッチンに入る前からニンニクの香りがふわ〜っと漂っていました。フレッシュのローズマリーも、キッチンの香りをかもしています。(^^)

 

 

海老と白花豆のトマト煮込み

村上農場の白花豆を使って、智華さんレシピのとおりに作ったら私にもできました。

海老の殻と頭で出しをとる。カリカリに焼いて白ワインを足して‥‥ これまでやったことがない料理法、勉強になります。レシピに倣って、そのとおりに作っていたら、

「あ、これって、自主トレやん!」と‥‥

 

やったことがない料理や、人様のレシピを再現するときに心がけるのは「守破離」です。

材料も分量も、書いてあるとおりに真似をして、出来上がった料理を味わってみます。そこでの感想が、自分の好みや食べてくださる方の状況に合わせて、2回目の微調整につながります。3回、4回、5回と作って、レシピを見なくても作れるくらい自分の料理になってきたら、得意料理の仲間入り。

 

智華さんレシピの海老トマト煮込みは、豆自体にハーブとガーリックの風味が沁み込んで、トマトソースに混じる海老の出汁が豆といいバランスだなと思いました。味の幅が広い印象です。

料理自体はシャキッとしてるのに、冷まして味を沁み込ませて再度温めたような、味の沁み込み具合‥‥ もしかするとこれは、イタリアンシェフの料理技術かも? と思いながら味わいました。

智華さん、おいしいレシピをありがとうございます。(^^)

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2017年 12月
« 11月   1月 »
     1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー