豆は「しあわせ」のタネである

天壇のモーニング「枝豆粥」

2018.06.24

2件

北山にも「天壇」ができました

京都市北区・北山駅の近く、北山通沿いに4月下旬、焼肉の「天壇」がオープンしました。京都に4軒、滋賀と東京にも店舗がある1965年創業のお店です。

数日前に店の前を通っていたら、偶然見つけたのが土日祝のモーニング。「焼き肉屋さんでモーニング?」と思いながら、通りに出されたPOPを見ると‥‥ 「えんどう豆粥」と「枝豆粥」が食べられると書かれています! これは、行くしかありません。

 

というわけで、今朝、行って来ました。

清々しい朝、「枝豆とえんどう豆があるから、両方食べたいから‥‥」と、植物園の緑を愛でながら気分よく歩いて行ったところ、

あぁ、POPにはちゃんと書かれています。

(春)えんどう豆粥

(夏)枝豆粥   と‥‥

 

季節野菜のお粥御膳 (夏)枝豆粥

えんどう豆は来春まで、おあずけです。今日のところは、枝豆粥をいただきました。

待ってる間の緑の窓辺席。いい感じです。

運ばれてきました。私の朝がゆ。

蓋をあけま〜す!

あぁ、うるわしい緑色〜♪

すりつぶした枝豆が卵とじのようにからむお粥、う〜ん、青々しいおいしさ!

松の実ものっています。

「小鉢3種、薬味3種付」と書かれていたおかずと薬味は、焼肉屋さんっぽいです。豆もやしのキムチ、白菜キムチ、こんにゃく、刻み福神漬け、刻みキムチ、刻みのり。うれしいなぁ〜

食べながら、撮りながら、ちょろっと食べて、撮りながら‥‥

うんまい。枝豆の皮もすりつぶされて混じっています。栄養豊富です。

薬味を加えて、味変です。これで800円ですよ。素晴らしい!

「かき氷の1,500円とどっちがいい?」などと話しながら、いただきました。

じんわり出汁の味とすり潰した枝豆が融合して、ほっこりとするやさしいお味に。なんか、緑つながりの北山通り沿い、いいなぁ〜

 

せっかくなので、こちらは「天壇特製だし茶漬け」、自家製牛しぐれがのっています。

だし茶漬けがいいか、枝豆粥がいいかはお好みで。あわび粥や参鶏湯のお粥もありましたよ。

エネルギーチャージのおかげで、今日は朝からフルに、いつもの倍速で動きました。

 

やり残しだらけだけど、明日はきものの日。

楽しまなくっちゃ‥‥(^^)

 

 

関連記事

コメント

    • 長谷川 嘉典
    • 2018年 6月 25日

    こんばんは。枝豆粥を食べたことはないですが、間違いなく美味だと思う。こんな店が近くにあったら週一のペースで朝ご飯を食べに来ます。あと、参鶏湯粥御膳も気になります。

      • Nodoka
      • 2018年 6月 26日

      長谷川さん、こんばんは。
      焼き肉の天壇、一度のぞいてみてください。
      参鶏湯、私も気になります(^^)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2018年 11月
« 10月   12月 »
    1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー