豆は「しあわせ」のタネである

京白丹波のポタージュ

大豆のポタージュ

いつもは白いんげん(手亡豆)で作る豆のポタージュを、むしやしない用に京白丹波で作ることに。こちらは試作品です。

 

うん、いい感じです。京都一乗寺のお菓子屋さん・むしやしないで開催される今夜のライブイベント会場で、皆さまに食べていただけるよう準備を進めています。

 

豆料理を作る機会を、ありがとう!

5月14日、母の日。

お母さんでもある豆乳パティシエの鵜野友紀子さんと

イベントに参加される皆さまに「おいしい」と言っていただけるよう、気持ちを込めて豆料理を作ります(^^)

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2018年 8月
« 7月   9月 »
   1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー