豆は「しあわせ」のタネである

そろそろ、おせち料理に取りかかる頃

お正月の黒豆は水に浸すところから3日かけて仕上げ、1晩ねかせて味を染み込ませています

作り方にもよると思いますが、上記は私の場合です。お正月前に到着するよう、発送する日を考えたら、おおよそ12/27〜28日頃に黒豆の煮豆を作り始めます。

そのほかの料理は、30日〜31日で大丈夫なのですが‥‥

使う材料の買い出しは、生鮮品以外は店が混む前に済ませておくのが賢明かと思います。

 

豆なおせち3品

◎黒豆の煮豆 (コツとか書いてます)

数の子入りのひたし豆(青大豆を使っています)

紅大豆入りの田作り(赤い色が、おめでたい雰囲気)

 リンク先のレシピ分量は豆率が高いので、いりこ比率を上げてください。

 

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

豆行事や催しなど

2018年 1月
« 12月   2月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー