豆は「しあわせ」のタネである

京都・百万遍知恩寺「なむしぇ」

毎月第4日曜日開催の「野菜と食と健康の青空市:なむしぇ」

「なむしぇ」とは、感謝するという意味の「南無」と、フランス語の市場「マルシェ」を掛け合わせた造語。「野菜に感謝! 健康に感謝! 野菜と食と健康の青空市場」をテーマに、2012年に始まりました。
野菜と健康をテーマにした野菜市を、かつては学びの場・命を考える場であったお寺で開催することで、いろいろな事を見直し、食物の大切さ、健康の有難さを考えるきっかけにしてほしい。
子どもから高齢者まで、生活者・生産者と健康や美容に携わる企業や店舗や人を繋いでいきたい、という熱い想いをもって開催されています。出店数は約40店。 京都で暮らそうHPより

 

「なむしぇ」に毎月出店されているお漬物屋さん、錦・高倉屋さんと協力して、枝豆の販売をお手伝いすることになりました。ただ今、いろいろ準備中です。

10月22日(日)朝9時頃〜15時頃まで

京都・百万遍知恩寺さんへ、どうぞ覗きに来てください。 のどか(^^)

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

豆行事や催しなど

2017年 10月
« 9月   11月 »
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー