豆は「しあわせ」のタネである

雑穀の日

2018.02.17

雑穀の日 はコメントを受け付けていません。

3月9日は「雑穀の日」

日本雑穀協会は、3月9日を「雑穀の日」として定め、おいしさと共に、高い栄養価や機能性、作物資源としての重要性など、雑穀のすばらしさを伝えていく記念日としています。

<記念日の由来>
日付は、ざっ・こくの語呂合わせに由来しています

一般社団法人 日本雑穀協会ホームページより

 

豆も雑穀の仲間。日本記念日協会に登録される雑穀の日は、雑穀や豆を意識してみてはいかがでしょう。

黒千石、黒神、スズマルなどの小粒大豆は、乾物豆の売場ではなく雑穀売場に並んでいることもあります。一般的な豆に比べて短い浸水時間で使えるのも魅力。炊き込みご飯や煮物、揚げ物、炒め物などの料理に気軽に加えてみるのも良いでしょう。

 

コメントは利用できません。

豆行事や催しなど

2018年 10月
« 9月   11月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー