豆は「しあわせ」のタネである

「ふくれん」さんの豆乳飲料

豆なブログがリニューアルしました

先日から新しくなった「豆なブログ ver.3」、気付いてくださいましたか? とりあえずパソコン画面を先に整備し、その後にスマホ画面をさわるつもりでいますので、スマホでご覧になっている方には味気ない画面のままリニューアル公開となっています。

9月4日に新バージョンに切り替わった裏では、不具合を知らせるエラーメッセージが続出し、カテゴリーの括りを変えたことによる「未分類」を分類し直したりしながら調整を続けています。社会人1年生を事務職からスタートしたせいか、もの書きの習性なのか、正しく表示されていないことが気になって仕方ありません。(笑)

全部修正するには1ヵ月、2ヵ月くらいかかるかも‥‥ エラーを見つけたら、ユルクお知らせくださいね〜

 

 

《福岡育ち》のうれしいドリンク

アジを入手するため、頻繁に八百一本館の西浅さんにお世話になりました。一番にアジ売場に行き、それから店内の野菜や諸々の食材を選んでいます。(本当は夏場は、お魚売場に最後に行くのがベスト?)

そう、その八百一さん1F飲料コーナーで見つけた豆乳飲料です。

博多あまおう、いちじく(とよみつひめ) 200ml入り 各101円(税込)

 

豆乳飲料豆乳には[九州産ふくゆたか大豆]が使われているそうです。

ふくれん、福岡育ち、九州産ふくゆたか‥‥ そういったワードは、京都に暮らして8年目の今も、私のこころを揺さぶります。買わないはずがない。

郷里の友を応援したい気持ちと似ています。価格も見ず、果汁が2%しか入っていなくても、いいのです。(^^)

 

 

九州産と福岡育ちのお味は

やさしい味がしました。博多あまおうはクセのある濃い豆乳の味とは異なり、いちごの甘酸っぱさが先にきて飲みやすかったです。

とよみつひめのいちじくは、こちらもやさしい甘さでした。

飲んだあとでパッケージの側面を見たら、「大豆固形物」が「4%以上」含まれている表示がありました。

 

すこし前に、京都市北区の職人さんを取材に行ったとき、おっしゃっていた言葉を思い出します。

「福岡出身の人って、野菜とか果物とか、福岡県産や九州産を見つけると、京都産や他府県のものがあっても絶対、郷里のものを買うんですよね・笑」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー