豆は「しあわせ」のタネである

グリーンスプリットの ふわふわポテサラ

IMG_20151125_143514

『グリーンスプリット』でつくるポテトのふわふわサラダ

IMG_20151125_143449 IMG_20151125_143621

 

 

 

 

 

 

 

帰郷の際に立ち寄る 穀物屋 森光商店で買った食材を使って、ポテトサラダを作りました。

商品ショルダーに

「15分ゆでたら本格豆料理」と書かれています。15分の軽い気持ちで始めたら‥‥ 私は作るのに30分以上かかってしまいました。汗

(書いてあるとおりにやっても、豆がうまくやわらかくならなくて、長茹でになりました)

作り方は、穀物屋レシピにも掲載されています。 → グリーンスプリット・ポテサラレシピ

 

火の通りが早いグリーンスプリット

グリーンスプリットは、青えんどうの皮をむいて挽き割りにしたもの。熱の通りが早いのが特長です。けど、しっかり火が通らないと、それだけゴツゴツするので別茹でで先に固茹でくらいまで茹でておくことをおすすめします。

あとは、記載の通りに作っていったら、ふわふわのポテトサラダができました。

じゃがいもは、この前「あさイチ」にも登場されていた北海道・上士幌町の「村上農場」のじゃがいもを使いました。「さっぱりホクホク糖質。ポテトサラダにどうぞ」と書かれています。あの広い農場で育ったじゃがいも。うれしい食材です。

北海道のじゃがいもと、アメリカ(又はニュージーランド?)のグリーンスプリット、料理に使う食材も出合いものですね。国産の青えんどうで、挽き割りにしたものってないのかなぁ‥‥?

 

ふわふわポテサラ・アレンジ

このポテサラ、牛乳やバターが入っているから「ふわふわ感」がマッシュポテトのよう。そのまま食べても充分おいしいです。

ピタパンにはさんだり、バケットにのせてオープンサンドにしたりもOK

私は朝食の食パンにたっぷりのせて、トーストにしました。すると、ポテトグラタン・惣菜パンのような味わいに (^^) バターが入っているから、温めると風味がもどっておいしかったです。

マヨネーズ使いの「いつものポテサラ」と気分を変えて〜ゆっくり時間があるときに作っておくといいですね。

 

IMG_20151125_143434 IMG_20151125_083802

*パンは豆ラボの近くで見つけたブラッスリー・カフェ「fiveran」のバターローフ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2017年 11月
« 10月   12月 »
   1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー