豆は「しあわせ」のタネである

グリーンピースのディップと玄米ミルクバゲット

アルペンローゼのバゲットが食べたくて‥‥

先週末うかがったアルペンローゼの奈良・神功本店でステキな出合いがありました。それは、坂本社長にいただいた「玄米ミルクバゲット」。無農薬有機栽培で作られた玄米を浸水させ、砕いてミルク状にして作るという独自製法で作られたバゲットです。

  

バケットによっては、下手な食べ方をすると唇が切れそうになることあるけど、このバゲットはそんな心配がない。表面はパリッと香ばしく、中の白いところはキメが詰まったふんわり感で、しっとり。おいしかったから、食べ終えた翌日にまた京都御池店に買いに行きました。

そう、このパンを食べるために、このパンに合わせたくて作ろうと思い立ったのが、5月末に初チャレンジしたグリーンピースのディップです。

*具体的な作り方は、5月30日の豆なブログ 真ん中あたりをご参照ください。

 

あの時の記憶を頼りに、自分なりのアレンジで再挑戦。次回のためのメモ書きを残します。

・グリーンピース水煮 200g

・粉チーズ 大さじ2

・オリーブオイル 大さじ1

・レモン汁 1/2個分

・ヨーグルト 大さじ2

・塩、コショウ 少々

(元は森永エンゼル通信 掲載のレシピをアレンジしました)

 

前回より、すごくおいしくなった気がしました。自分好みの味に調整しましたから(^^)

しかも、一度でファンになった玄米ミルクバゲットと合わせましたから‥‥

 

豆のディップ〜試食者のこえ

「おいしくできた」気がしたから、2人の男性に試食を進呈しました。豆のディップ+スライスしたバゲット数枚、「すぐ食べてね〜」と言わんばかりに、プラスプーンまで付けて‥‥

〈50代男性〉

・パンはおいしかった。が、カップに入ってたのは口にあわず食べられませんでした。

・匂いと見た目がまずダメで、味もおいしくなかった。

・好みがあるから、なんとも。

ガ〜ン! 泣きそう。私の味覚は、おかしい??

 

そして今日、もう一人からもコメントを聞くことができました。

〈30代男性〉

・ボク、好きでしたよ。サワークリームみたいな感じの味がして、おいしかった。

・グリーンピースは苦手だけど、グリーンピースっぽくなかったし、あ、それって豆的には言ったらダメですか?(笑)

・バゲットに付けて余ったから、クラッカーにも付けてサッカー見ながら食べました。

 

よかった。これで救われました。30代男子は、オーストラリア留学経験アリの人。味覚には、年齢と食の経験が出るのでしょうね。従来からの日本食に登場しない豆料理は、今後、若い人に食べてもらお〜。

試食に好意的な若いお友だちを、これからたくさん作ろうと思います(^^)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2018年 9月
« 8月   10月 »
      1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー