豆は「しあわせ」のタネである

本田味噌本店の「紅麹みそ」

春仕込み味噌のつなぎに

5月5日に仕込んだ味噌が、もうそろそろ食べ始められる頃でしょうか。ふだんは自分仕込みの味噌を2種類、3種類、その日の気分で使っています。

メイン使いの味噌を使い切って、本田味噌本店に行ってきました。

大通りから1本入った室町通沿い、老舗の風格ある佇まい、暖簾が風にひらめいております。

店内にずらりと並ぶ味噌。

いろいろ味見をいただいて、2つの味噌をチョイスしました。

 

紅麹みそ?

メイン使いを思って選んだのは「紅麹みそ」。往々にして、食べたことがない品を選びます。それに加えて、3〜4種類味見した中で、塩っぱさと旨みのバランスが好きでした。

紅麹みそは、こんな感じ。

そもそも紅麹って、何やろう? と思って調べたら、紹興酒や豆腐ようを作るときなどに使われるそう。血圧を下げる働きがあるとして、サプリも出ているようです。知らなんだ‥‥

紅麹みそでみそ汁を作ると、いつものみそ汁の味わいが2ランクくらいアップする印象でした。

500g 900円+税

先月末に買った紅麹みそが、残り1回分くらいになって、無くなる前に書いておかねばと記しています。

本田味噌本店、老舗の味噌は安定した美味しさです。

 

いちじくみそ

こちらは、いちじく好きのチョイスです。

みそ汁ではなく、あてみそ。パンに塗ったり、野菜と和えたりして食べています。

いちじくのプチプチがわかって、おいしいです。「クリームチーズと一緒に、クラッカーに塗っても合うな」と思います。

あてみそは、ほかにもいろいろ売られていました。

 

本田味噌本店から歩いて直ぐのところに、とらや京都一条店もあります。京都御苑と本田味噌さんと、とらやさん、京都らしさが感じられるエリアです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2018年 11月
« 10月   12月 »
    1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー