豆は「しあわせ」のタネである

護王神社の亥の子餅

亥子祭

先日、ダッシュで護王神社に伺ったとき既にあたりは暗く、しかし、祭りに集う人々は大らかな表情で「亥子祭」を満喫しておられました。

護王神社は、亥が守護神の足腰の神社です。

毎年、11月1日に護王神社で開催される「亥子祭」にお邪魔しています。

img_20161101_200212 img_20161101_202708 img_20161101_200632

お楽しみは、何と言ってもH氏が奏でられる「亥の子囃」。その声に合わせて、ほろ酔いの人たちが手拍子を打ちながら「ほ〜い、ほい♪」と唄っておられます。そのシーンに「昭和の日本のお祭り風景」を見るようで、気分が和むのであります。

 

亥の子餅

「亥の子餅」というのは、見た目が亥の子どもみたいだから「亥の子餅」と言うようです。

京都の老舗和菓子屋さんが作られた「亥子餅」も社務所で販売されています。

が、やはりお楽しみは護王神社オリジナルの「亥の子餅」。餅は3臼つかれます。神さまへの奉納は、胡麻(黒)と小豆(赤)と栗(白)を、それぞれ1臼にひとつ、混ぜてついたのが始まりだそうです。小豆も亥の子餅の材料なのでありました(^^)

img_20161101_202707 img_20161101_200639 img_20161101_201200

臼と杵を使う餅つきは、なかなか経験する機会がありません。希望者は順番に餅をつかせてもらえます。周りの皆さんが楽しそうにやさしい眼差しで見守られる中、杵をふりあげて餅をつく。亥の子囃子がBGM。

去年も一昨年も行きました。その前も‥‥

こんな和やかで穏やかな1日が、ずっと続くといいなと思いながら、昨夜も亥の子餅を分けていただきました。

img_20161101_203624

ほんのり甘くて、やさしいお味。少し粒ツブ感もあります。現代の亥の子餅には、ご神木のカリンも使われていると聞いたことがあります。

これでまた、足腰丈夫に過ごせそうです。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2017年 10月
« 9月   11月 »
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー