豆は「しあわせ」のタネである

入山とうふの「小ちゃい厚揚げ」と「炭火焼き豆腐」

とうふ屋さん巡り、続いてます

昨日も今日も、おとうふ屋さんに行きました。おかげで、最近の食事は豆率に加え、とうふ率も上がっています。

赤飯五穀米のごはん

厚揚げ三度豆のみそ汁

レッドキドニー入りのスパニッシュオムレツ

・小松菜と「おだしがしみたきざみあげ」、ちりめん山椒の和え物

焼き豆腐の味噌田楽

なんとなく、どこぞのおばんざい屋の定食みたいです。

 

とうふ屋さんが、1丁ずつ自分の店でつくられるおとうふを口にできるしあわせを、「おいしい」と一緒にいただいております。

 

入山とうふの入山さん

お店に伺ったとき、店番をしながら片付けと仕込みの準備をされていました。商品をお願いしたあとで見つけて、「おぼろ豆腐白とうふって、どう違うんですか?」と質問したら‥‥、丁寧にパラパラまんがのようなアルバムを見せて、とうふづくりの手順を説明してくださいました。

とうふに水分が残って、ゆるゆるにかたまっているのが「おぼろとうふ」、圧をかけて水分を抜いているのが「白とうふ」。

入山さんのおとうふは、おくどさんで大豆を炊くからおいしいのです。岐阜と滋賀の大豆を使っていると言われていました。

 

今回も「まだ食べたことないものを」と思って、焼き豆腐厚揚げミニを買いました。

焼き豆腐は、いつかおばあちゃんが、店先で炭火を使って焼いておられるのを見かけたことがあります。

厚揚げミニは、ホテルの携帯用石鹸くらいの小ぶりな厚揚げが4枚入って170円。

(お店の外に貼ってあった写真です)

 

「買いに来る人たちが高齢化して、大きいのだと大きすぎる、言うんやわぁ〜。だから半分のをつくったけど、それでもまだ大きい、て。だから、この小ささになったの」

「それって、手間かかるんじゃないですか?」

「かかる、かかる。値段は安くしないといけないけど、手間は倍かかるよ」

みたいなお話を聞いて、よけいにチビッ子厚揚げが可愛く思えました。

 

焼き豆腐の味噌田楽

とうふ田楽は、「もう、焼き目はついてるから、レンジで温めて田楽みそ付けて食べていいよ」と教わりました。

しかし、適当な大きさに切った焼き豆腐をフライパンに並べて、わざわざ焼いて、田楽味噌をた〜っぷりのせました。大葉と白ごま、どちらもおいしそうでしょう(^^)

この焼き豆腐も、おばあちゃんが焼いたのかなぁ?

香ばしくて、味噌っぽくて、明るいうちから一杯‥‥

あ〜、おいしかった!

 

入山とうふさん、来週また伺います!

 

*2018.2.19 上京区東魚屋町 入山とうふ

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2018年 11月
« 10月   12月 »
    1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー