豆は「しあわせ」のタネである

明日の準備

豆を茹でています

明日は豆ラボにお客さまをお迎えします。

「何か豆っぽいの、用意しますね」と予告して、秋っぽいのを作ろうと準備中。

来週は23日(祝)にも、豆のお客さまアリ。

そして、週末は「なむしぇ」です。11月後半は、存分に豆っぽいことに費やします。

 

料理メモ

◎牡蠣と大福豆の白いシチュー

大福豆水煮、牡蠣、玉ネギ、カリフラワー、小蕪、バター、牛乳、コンソメ、塩、白ワイン

◎柿とレンズ豆の奈良漬けサラダ

茶レンズ豆、柿、奈良漬け、カッテージチーズ、塩、コショウ、チャービル

◎紅大豆と人参のサラダ

紅大豆水煮、人参、ツナ缶、オリーブオイル、ディル、塩、コショウ

◎洋梨と黒豆のマリネ

黒大豆水煮、塩、白ワインビネガー、玉ネギ、洋梨、白ワイン、イタリアンパセリ

 

明日は晴れ予報。楽しい時間が過ごせますように‥‥

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2017年 12月
« 11月   1月 »
     1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー