豆は「しあわせ」のタネである

大黒屋鎌餅本舗の懐中しるこ

モナカみたいなお汁粉

福岡出張時、知り合いの50代男性と話していて気付きました。福岡の人は、モナカの皮に包まれたお汁粉の存在を知らない。私も京都に住んでから、初めて知りました。

ふと、思い出して、そのお汁粉のことを調べてみたら、名前は「懐中しるこ」というのですね。

私の記憶で、そのお汁粉を買った記憶があるのは、鎌餅のお店と平安神宮の近くの和菓子屋さん。ほかにもどこか、京都で買えるところは‥‥? と調べてみました。とりあえず、わかった範囲で

・鎌餅本舗「懐中しるこ」 ・京阿月「京のみたらし懐中しるこ」 ・大極殿本舗「懐中しるこ」 ・鶴屋吉信「懐中しるこ」 ・永楽屋「清風」 ・京華堂利保「たけのつゆ」 ・塩芳軒「み乃る里」

 

鎌餅本舗で買いました

鎌餅本舗は、上京区寺町のちょっと行きづらいところにあります。おじいさんとおばあさんが、二人で店を営業されているようです。看板商品の鎌餅を何度か買ったことがあります。白くスーッとしたお餅。

 

そのお店の懐中しるこは、1〜2回買ったことがありました。

 

器に入れて湯を注ぐだけ

お湯を注いで、しばらく置いてふやかして、中をソーッと割ると、手焼きの白い生地の中から、汁粉が出てきます。

よく混ぜて、うす小豆色が全体に馴染んだら出来上り。

 

汁粉は、さらし餡が使われているようです。塩は入っていないようですが、周りの生地の香ばしさがバランスをとって、そのままでジワ〜っと美味しいです。

おじいさんとおばあさんが、二人で作って売っておられる。そのことでも充分、おいしさ感がアップします。このスッキリした甘さ加減が、京都らしさなのかもしれません。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー