豆は「しあわせ」のタネである

上賀茂産の枝豆、初収穫

谷農園さんからの留守電

本当だったら今朝は、京丹波町に行っていたはずでしたが‥‥ 大雨予報により延期になりました。ショボン

と感じていた矢先、Tさまからの留守電が残っていました。枝豆はもう収穫できるとのこと。さっそく上賀茂の畑に出向きました。

持ち物はビニール袋、キッチンハサミ、スマホ。衣装は、長袖、長靴、帽子、軍手。

雨が降ってぬかるむ畑へ、いざ!

 

ことしの枝豆、初収穫〜♪

枝豆は葉っぱの下に隠れています。葉っぱをよけて、莢の具合を見てみると‥‥

「ん〜、もうちょっとしてからのほうが豆が太るかな?」と思いながら、とりあえず何本か抜いて持ち帰ることに‥‥

 

「枝豆は根っこから引き抜いてくださいね。葉っぱや根っこは、畑に残して行ってもかまわないから」と、昨年までのやり取りで農園主さんからお聞きしていました。

 

教えのとおり、エイッ!

雨のおかげで、抜きやすかったです。

葉っぱと根っこは、畑の畝が滑らないように置いてきました。

 

持ち帰って計ってみると、枝付きの枝豆は、3株分で500gでした。(^^)

6月末〜7月上旬くらいまで、様子を見ながら収穫します。うれしい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 9月 04日

豆行事や催しなど

2017年 10月
« 9月   11月 »
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー