豆は「しあわせ」のタネである

とうふ白玉に枝豆ずんだ

丹波の黒枝豆と青森毛豆、やぎはし豆

最近、3種類の枝豆をふんだんに口にしました。

青森県弘前市で知り合った枝豆農家さん、エヌワイ農園の八木橋さんがお送りくださった「毛豆」と「やぎはし豆」、そして丹波篠山で入手した黒枝豆「丹波の黒さや」の3種類です。

 毛豆

 やぎはし豆

 丹波の黒さや

同じ時期に同じジャンルの食べ物を口にすると、その差が歴然とわかります。

「ホクホクと栗のような味わい」と言われる青森の毛豆、まるで「だだちゃ豆」のような風味と香りにそそられる「やぎはし豆」、プリッとたんぱく質豊富な「丹波の黒さや」、‥‥それぞれに個性が際立つ枝豆で、どれを口にしても美味しいのです。

 

枝豆は、本当はサヤごと蒸し茹でにして、そのままパクッと口にするのが最高に美味しいと思います。しかし、一時期にたくさん手元に集まったので、贅沢にあれこれと料理に活用してみています。(^^)

 

栗っぽい=デンプン質が豊富なはずだから‥‥

八木橋さんの毛豆は、蒸し茹でにして常温に冷ました状態が最も「栗っぽい」味わいがすると思います。豆トモのTさんとも話したように、デンプン質が豊富ということは「アンコに向いてる!」ということ。

枝豆でアンコを作ったら、ずんだ餡になる‥‥ ずんだ餡は美味しいけど、せっかく枝豆そのものの風味が感じられるのだから、甘くしないほうがいい。だったら、砂糖を加えず塩少々で味付けしたら‥‥?

いつもの「美味しいもの探し」の思考回路がグルグル働いて‥‥ 試してみました。

 

 

①白玉粉を豆腐と合わせてこねて、白玉だんごを作ります。熱湯で茹でたら、冷水に浸して冷まします。

②毛豆を茹でてサヤから豆を外し、すり鉢ですりつぶします。豆の薄皮が外れる分は丁寧に取り除きます。

③すりつぶした枝豆に、塩ひとつまみ、熱湯小さじ1〜2を加えて練ります。

④とうふ白玉だんごに毛豆のずんだペーストをのせて、出来上り

 

昨年7月にも、同じように作っていました。あの頃はまだ、枝豆の食味による使い分けなど念頭になかったです。今回は、明確に出来上りの食味を意識して「青森毛豆」を使いました。

「ホクホク栗のよう」と言われる毛豆をすりつぶして作った甘くないずんだペースト、豆の味が濃厚で、なかなかの味わいです。やっぱりこれに、砂糖の甘さは入れたくないなぁ〜。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2017年 11月
« 10月   12月 »
   1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー