豆は「しあわせ」のタネである

山路さんと “利き豆”

豆そのものの味を、味わってほしい

豆ラボにお客さまあり。本日の料理に使う5種類の豆を抜き取って、何も味付けしないまま、お重に並べてみました。

左から「丹波大納言」、「北海道産 大手亡」「山形県産 秘伝豆」「山形県川西町産 紅大豆」「アメリカ産 ひよこ豆」の乾燥状態と水煮にした状態です。

ひとつずつ、うだうだ説明しながら、何の味も入らない「素」の豆の味を知ってもらう‥‥ 初めての試みは、楽しんでいただけたようです。

 

料理はねぇ‥‥

食通の客人に緊張しすぎてダメダメ感だらけ。写真を撮ることもなく、サーブして終了。

しかし、お客さまのFacebookには、超おいしそうに載せてくださっていました。やさしい方です。ありがとうございます。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2018年 7月
« 6月   8月 »
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー